鶴見区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

馬場町和太鼓クラブ「虎響」の講師を務める 山田 夢子さん 馬場出身 29歳

和太鼓で“一つ”に

 ○…「私がやりたいって駄々こねたんです」。8日に行われる和太鼓クラブ「虎響」初コンサートの仕掛け人。「10年目の挑戦。発表の場があると張り合いも出る」。普段は川崎のスタジオで受付や講師として働く傍ら、小中学校や個人のレッスンなども請け負う。時には富士急ハイランドでの練習合宿など、練習しながら楽しめる企画も考案。「子どもたちは素直。つまらないとやる気がない。太鼓を通じて楽しむが私のモットー」

 〇…馬場出身。実家からすぐの馬場小に通っていた頃、所属していた演劇クラブが6年生で廃部になったことをきっかけに、和太鼓クラブへ。以来、和太鼓の魅力にどっぷりとつかり、上の宮中和太鼓サークルは立ち上げから関わった。18才から音楽系の会社に就職。和太鼓の講師として10年ほど働いた後に独立。地元ということで声がかかり、虎響の講師を務め、10年。「和太鼓は入口が難しくない。でも突き詰めると演劇、ダンスの要素もあり、深いんです」

 〇…2歳の娘を持つ母。一時期は子育てとの両立に悩んだこともあったが、今はベビーカーを引いてレッスンへ行くなど、周りの理解に助けられている。得意の編み物で作ったぬいぐるみを娘へ贈ることも。「この前はリカちゃん人形の服を裁縫したが失敗。裁縫は向いてなかった」と笑う。

 〇…「和太鼓は音が最大の魅力であり、敵でもある」。出来る限りの防音設備施設で練習していても、音漏れなどで周囲への影響が出てしまう。「続けていくには理解が必要」。好き勝手打つと迷惑な分、調和を重んじる楽器だ。「個性ある子たちが一つになる姿を見てほしい。助けられている分、最高の演奏を届けたい」。地域の人に支えられながらその魅力を伝えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6件

香取 正彦さん

第14代鶴見消防団長に就任した

香取 正彦さん

9月13日号

石川 建治さん

鶴見区自治連合会の会長として活躍する

石川 建治さん

9月6日号

柳瀬 正勝さん

9月から「なまむぎこども食堂」を運営する

柳瀬 正勝さん

8月30日号

和田 征子さん

平和のつどいで原爆について語った、日本原水爆被害者団体協議会の事務局次長

和田 征子さん

8月23日号

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月9日号

平井 孝生さん

得意の逆立ちダブルダッチでギネス記録を超えた

平井 孝生さん

8月2日号

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク