鶴見区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

大黒町に“イチゴパーク” 東電FP 29日にオープン

経済

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 区内大黒町の横浜火力発電所構内に4月29日、通年でイチゴ狩りなどを楽しめる「TOKYO STRAWBERRY PARK」(東京ストロベリーパーク)がオープンする。同発電所を運営する東京電力フュエル&パワー(株)が、収益拡大のために乗り出すエコファーム事業。イチゴの生産から加工・販売といった六次産業まで実施する。

 電力自由化による新規企業の参入などで、競争が激しくなったことを受け、収益増に向けた事業拡大策として取り組む。

 新規事業の企画段階で、「調べれば調べるほど電力作りに似ている」として、イチゴに着目。老若男女、世代も問わない人気の高さや、発電事業で培った技術やノウハウが活用できることなどから、エコファーム事業の実施を決めた。

旧トゥイニー活用

 新設場所は、電気の体験施設として横浜火力発電所内にあった旧トゥイニー・ヨコハマ=大黒町11の1。既存施設を補修リニューアルして活用する。イチゴの栽培ハウスは、施設に隣接する野球場に設置。いずれも東日本大震災以降、一般利用を休止していた。

 同社担当者は「震災後、一般のお客様と交流する機会をなくしてしまった。改めて交流する場にもなる」と話す。

4品種、年10トン

 建物は4階建てのうち1・2階を利用。1階には菓子作りの見学、8割がオリジナルという雑貨や菓子販売、イチゴのジャムやクッキー作りを体験できるスタジオキッチンなどを展開。2階ではビュッフェ形式のレストランを開く。

 オール電化で国内でも珍しい完全空調のハウスは、生産面積3千平方メートルで定植数は2万株。技術を駆使し、難しいとされる通年栽培を可能とする。

 「とちおとめ」「章姫」「よつぼし」「UCアルビオン」の4品種を育て、生産量は年10トンを見込む。昨年12月のハウス完成以来、1日50〜60kgの収穫量があり、イチゴ狩りの大人平均1人分で換算すると80人〜100人分になるという。

インバウンド視野に

 新施設の年間利用者数は、6万人だったトゥイニーを考慮し、10万人を目標とする。

 羽田空港から車で約20分という鶴見の立地から、将来的には訪日外国人需要の取り込みも視野に入れる。プロジェクトリーダーの同社・武藤元さんは「まずは足元を固め、団体ツアーも考えていきたい」との姿勢を示す。

あす20日から予約開始

 事業開始にあたっては、各地の農家などを調査。農業法人の指導を得ながら、「まずは自分たちで体験する」と、社員自ら育成に携わっている。

 「電気がイチゴに変わるところを見てほしい」と担当者。入場無料。イチゴ狩り(1〜6月・大人2千円ほか)、ブッフェ(平日大人2100円ほか)は予約制。あす20日からホームページ(【URL】https://tokyo-strawberry-park.jp/)で予約開始となる。オープンまでの問合せは、【メール】tsp@tepco.co.jp又は【電話】045・394・5555。

鶴見区版のトップニュース最新6

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

コロナ禍の避難所体験

コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

平安小で開設訓練

10月8日号

防犯栄誉金章を受賞

市場大和町安西さん

防犯栄誉金章を受賞 社会

指導員活動24年で

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク