鶴見区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

ストロベリーパーク いちご狩りは予約満杯 上々の滑り出し

社会

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena
赤々と実ったイチゴを摘む利用者
赤々と実ったイチゴを摘む利用者

 先月末、区内大黒町にオープンしたTOKYO STRAWBERRY PARK(東京ストロベリーパーク)が、上々の滑り出しを見せている。

 同施設によると13日までの2週間で、来場者数はおよそ4600人。予約制のいちご狩りは1カ月先まで満杯状態が続いており、鶴見の新たな観光スポットに注目が集まっている形だ。

 同施設は、東京電力フュエル&パワー(株)が手がける。横浜火力発電所=大黒町=の構内で休止中だった電気の体験施設「トゥイニー・ヨコハマ」を改修。4月29日にオープンした。

 通年でのいちご狩りを実現したオール電化のハウスや、イタリアンビュッフェレストラン、いちごを使った菓子販売といった施設が並ぶ。

 オープン日に家族で来場した女性は、「いちご狩りは定員制でゆっくり楽しめ、ご飯がとても美味しかった」と笑顔。初めてという男児も「また来たい」と満足気な表情だった。

毎回楽しい施設に

 予約制のいちご狩りとブッフェは、2週間で約3千人が利用。19日からは、いちごを使ったジャムやクッキー作りが楽しめるスタジオもスタートするが、「平日、土日と楽しめるコンテンツを更新し続けられるかが課題」と気を引き締める。

 今後は夏に向け、パフェやかき氷など、飲み物系の商品開発にも力を注ぐという。また「子どもたちが汗をかいて思いきり遊べるコンテンツも検討したい」とし、散策路の整備などにも着手する考えを示した。担当者は「来るたびに違う楽しみが増えている施設にしていきたい」と話している。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter