鶴見区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

パティスリーラプラス 育んだ友好で新商品 福島・棚倉町とコラボ

文化

関口シェフと中村さん
関口シェフと中村さん

 鶴見中央の洋菓子店・パティスリーラプラスの関口善勝シェフがこのほど、鶴見区の友好交流都市・福島県棚倉町の特産品えごまを使った新商品「えごまダンテル」を完成させた。「鶴見と棚倉を盛り上げる商品になれば」と関係者らは期待を込める。

 棚倉町は鶴見区の友好交流都市。2009年の職員人事交流を契機に、今後も安定した交流ができるよう12年に協定を締結。鶴見区の3大祭りに棚倉町のブースが設けられているほか、レアールつくの商店街には13年、棚倉町と、同じく区の友好交流都市である西会津町のアンテナショップ「kura―cafe」がオープン。現地生産者を招いたイベントや、2町の訪問ツアーなどが企画され、鶴見と福島の人々の交流の輪を広げてきた。

活性化の思い合致

 13年に同店は運営会社の経営方針で閉店。同店の元店長であり閉店後にイベント企画会社「ふくわらい」を立ち上げた中村郁子さんは「風評被害を超えて、2町を活性化させたい」との思いで活動を続け「鶴見との友好関係を形にするためコラボ商品を作ろう」と奮起。

 ラプラスに話を持ちかけたところ、関口さんは快諾。関口さんには「やりたいとは思いつつ、これまでこういった活動をやってこられなかった。出身の鶴見を元気にしたい」との思いがあった。

 ダンテルとはフランス語でレースのこと。その名の通り、向こう側が透けそうなくらい薄い、飴のようなお菓子だ。

 これまで棚倉町の特産品であるケールのラスクや、同じく特産品のブルーベリーを使ったケーキなど試作品を作り、今回やっと商品化にまで持ち込んだ。

 中村さんは「同町でえごまは昔の郷土素材というイメージで、お菓子になってもクッキーぐらい。こういう発想はプロならでは」と話し、関口さんは「福島の町も鶴見も盛り上がれば」と期待を込めた。

 えごまのダンテルは2枚入りで120円。同店で販売されているほか、レアールつくので行われるたなぐらマルシェ(次回は7月7日)で販売される予定。
 

鶴見区版のトップニュース最新6件

再エネ電力購入へ

横浜市

再エネ電力購入へ

2月21日号

「防災」「観光」など増額

鶴見区予算案

「防災」「観光」など増額

2月21日号

独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

救急車1台を寄付

区内在住福島さん

救急車1台を寄付

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク