鶴見区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

区内12校で不適合ブロック 市点検 公共施設は1件

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
ロープが張られた駒岡小の投てき板(市提供)
ロープが張られた駒岡小の投てき板(市提供)

 横浜市は7月13日、大阪北部地震を受け実施していた市内全市立学校にあるブロック塀の専門点検の結果を公表し、区内12校を含む、61校が現行の建築基準法の仕様に合致しないことを発表した。

 調査は、6月18日に発生した震度6弱の大阪北部地震で、建築基準法に違反していた小学校プールのブロック塀が倒壊し4年生の女児が死亡したことを受け実施されたもの。先月20日から29日にかけて全509校のブロック塀や投てき板を調べた。

 その結果、違反となる高さ2・2mを超える塀が2校で、補強する「控え壁」と呼ばれる支えがない塀が56校で見つかった。さらに、高さ2・2mを超えたり、控え壁が不足している投てき板も6校で見つかった(1校は塀と投てき板が重複)。内訳は小学校41校、中学校17校、高校3校。

鶴見が市内最多

 鶴見区が最も多く、上末吉、駒岡、汐入、獅子ヶ谷、末吉、鶴見、馬場、矢向の小学校8校、寛政、末吉、生麦、矢向の中学校4校が基準に合致しないことがわかった。

 市はすでに注意書きやロープを張るなどの措置を実施。市教育委員会は「安全の確認ができるまでは使用禁止とし、児童らが立ち入らないようにしている」と説明。

 今後は解体工事など必要な対応をできるだけ早急に進め、改善が必要な施設に速やかに必要な措置を講ずるとしている。

 また、学校以外の2056の公共施設も点検。27施設で見つかった。鶴見区では、よこはま東部ユースプラザ=鶴見中央=、矢向地区センター・矢向地域ケアプラザの2施設だった。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter