鶴見区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • hatena

生麦事件犠牲者を追悼 地元顕彰会 156年祭

社会

事件碑に手を合わせる参列者
事件碑に手を合わせる参列者

 現在の生麦で、大名行列に立ち入った英国人4人を薩摩藩士が殺傷し、のちの開国に大きな影響を与えたとして知られる生麦事件。1862年の発生から156年目を迎えた8月21日、キリンビール横浜工場の入口横に建つ事件碑前で、有志の地元住民らによる「156年追悼祭」が行われた。

 追悼祭は周辺6町会の有志から成る「生麦事件碑顕彰会」(八木下勝之会長)が主催。同会は、100年祭をきっかけに結成以来、碑を守り、追悼祭を続けている。

絶やせぬ伝統

 当日は同会会員のほか、住民ら約30人が参列。1883年に碑を建立した、元鶴見区戸長・黒川荘三氏の玄孫にあたる麻生重仁さんも、福岡県から駆けつけた。

 参列者は、杉山神社の宮司によるお祓いのあと、事件碑に玉串を捧げた。

 八木下会長は、「開国、明治維新の原動力になった事件だが、生麦にとっても、絶やしてはいけない歴史と伝統の一つ。次世代のために、しっかりと守っていく」と話した。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク