鶴見区版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

志鶴会が初の俳画展 サルビアホールで15日まで

文化

俳画を両手に笑顔の高木さん
俳画を両手に笑顔の高木さん

 馬場在住の高木シヅ子さん=人物風土記で紹介=主宰の志鶴会が今日から15日まで鶴見区民文化センターサルビアホール3階ギャラリーで「新春俳画展」を開く。

 俳画とは、俳句の心を絵にしたもの。俳句がわずか17文字という少ない字数で自然のありさまや人間の情感を表現するのと同じく、少ない運筆で大胆に本質をつかみ取り絵にするところが特徴。歴史は古く、発祥は室町時代とも言われている。

 高木さんは、全日本積穂俳画協会の講師として馬場の自宅やカトリック鶴見教会=東寺尾=のほか、戸塚、南太田などで教室を開催している。

 これまで銀座などで開いてきたが、鶴見での展示会は初めて。生徒から「鶴見で開いてほしい」との強い要望を受け、開催に至った。

 展示会は、新年に合わせた作品が中心。生徒らの作品を含めた約50点が並ぶ。高木さんは「なかなか俳画は一般に知られていない。生徒も高齢化している。若い人にも魅力を伝えたい」と話す。

 時間は午前10時から午後5時(最終日は〜午後2時まで)。問合せは志鶴会【電話】045・574・4504。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク