鶴見区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

鶴見神社氏子青年会の会長に就任した 鈴木 吉太郎さん 鶴見中央在住 45歳

重み糧に立つ”憧れ”の先頭

 ○…「肩に、ずしんと重みがきた」。1975年の結成から44年。5代目会長を預かった気持ちだ。偉大だった歴代の会長たち。肩を並べられるか、不安もある。「これまでみたいにはいられない」。副会長、会長代行として見てきた前会長の背中を思い、身を引き締める。

 ○…鶴見小、鶴見中、生粋の地元っ子。土地柄もあってか、子どものころから大の祭り好き。鶴見神社の神輿もずっと見てきた。「揃いの半てんを見て、俺もああなりたいって思っていた」。実は憧れだった存在。仲間入りは意外に遅く、30歳のときだった。潮田神社の祭りで前会長の小山征満さんと出会い、誘われた。それまでは区内各地区はもとよりフリーで各地を担いでまわっていた。「まさか会長になるなんて思いもしなかった」

 ○…普段は鶴見中央の寿司料理店・鈴よしの2代目として腕をふるう。高校卒業後、修行を経て、20代前半で跡を継いだ。母、弟と店を切り盛りする。3人の息子たちも料理人を目ざし奮闘中。神輿好きで、青年会のメンバーでもある。「どちらも強制していない」と言いつつ、「嬉しい」と照れる親心。「野球やればユニフォーム、神輿やれば半てんやふんどし。いつも4人分洗濯する奥さんは呆れている」と一笑する。

 ○…各地に担ぎに行こうと提案し、「義理ごとだから、一年だけとはいかない」と、たしなめられた若かりしころ。神社の名前が入った半てんの重みが、改めて背筋を正させる。伝統の田祭りに、神輿パレード、夏の天王祭、節分に七五三…年間行事は多い。「模範になるように、重圧と戦いながら成長したい」。今年成人の7人を含め、54人の新生・青年会の船出。「みんなで漕げば、鶴見川くらい越えられるでしょ」。筋の通った大将が、仲間とともにまちを盛り上げる。

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 新さん

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している

伊藤 新さん

2月21日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

2月7日号

平出 田鶴子さん

社会福祉法人あさひの理事長を務める

平出 田鶴子さん

1月31日号

齋藤 マリ子さん

本と楽しむ大人時間「茶ばしら」の代表を務める

齋藤 マリ子さん

1月24日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

高木 シヅ子さん

全日本積穂俳画協会講師で、区内で初めての展示会を開く

高木 シヅ子さん

1月10日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク