鶴見区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している 伊藤 新さん 馬場在住 71歳

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

好奇心で広げる世界

 ○…多言語での情報提供、日本語学習支援など、多文化共生のまちづくりの拠点となる国際交流ラウンジ。同館の交流部会・コーディネーターとして様々なイベントを企画。振袖体験に風呂敷活用術、サンバワークショップなど、イベントは多岐に渡る。「折角鶴見に来たから文化を知りたい人は多いし、逆もしかり。相互に楽しめるものを」

 ○…鶴見へ来たのは40年前。「多文化の国と聞いていたが、馬場に住んでいるとあまり実感が沸かなかった」。知らない世界を覗いてみたいと退職後、すぐに同ラウンジのボランティア説明会に参加。長年、広告会社でマーケティングの仕事をしていたこともあり、イベント企画提案や当日の段取りまでお手のもの。「この前初めて落雁を食べたら、その美味しさに驚いて」。母国のことでもまだ知らないことは多い。「新しい発見もあり、自分たちもちゃっかり楽しんでる」とにやり。

 ○…別の顔は三ツ池公園ラジオ体操会の講師。早朝4時半からウォーキングし、6時半から講師として体を動かすことが習慣。20年ほど前、足に大けがを負い、リハビリがてら区内を歩き始め、三ツ池公園で行われていたラジオ体操に出会う。最初は全く興味なかったが、1度だけと参加してみるとこれが面白い。「ちゃんとやると汗もかき、深い動き」と熱く語る。研究し、講習会にも参加した。「興味を持つと、知らずのうちにどっぷりハマっている」と笑う。

 ○…「多文化な企画や交流ができるのは色んな国のコミュニティがあるから」。鶴見という土地ならではの利点を実感する。今後の野望は様々な団体を巻き込み、企画の規模を大きくすること。「次は何をしようかとわくわくしている」。茶目っ気たっぷりの笑顔で世界をつないでいく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク