鶴見区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

県議選 定数3を6人で争う

政治

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 前回2015年のときも6人が立った神奈川県議会選挙。今回、鶴見では定数の3議席を6人で奪い合うという混戦の様相を呈し、県内48選挙区中、最多となる公算だ。

 本紙では告示を前に、各候補予定者に対し、特に重点を置く政策分野などを聞いた。

 現職は、前回得票順に自民党の川崎修平氏(40・1期)、公明党の鈴木秀志氏(66・4期)、共産党の木佐木忠晶氏(34・1期)の3人が出馬を表明。新人は、希望の党の浅野和男氏(64)、無所属の榎並正剛氏(50)、立憲民主党の爲谷義隆氏(45)が準備を進める。

 前回トップの川崎氏は、防災、地域経済、観光を重点とし、近年の自然災害を鑑み、迅速な被災状況確認と情報受伝達システムの構築を掲げる。

 現職最多5期に挑戦する鈴木氏は、地域防災、認知症対策、高齢者就労支援を重点に挙げ、4期16年の実績をもとに、誰もが住みよい街を目ざす。

 2期目に挑む木佐木氏は、福祉、教育、労働を重点に掲げ、全国最下位の中学校給食実施率引き上げのため、市町村向け補助制度の創設を唱える。

 経営コンサルタントの浅野氏は、防減災、町おこし、中長期的生活向上を重点とし、区民29万人の生命を守るため、震災対策の実施を掲げる。

 元県議の榎並氏は、行政サービスの連続性、社会基盤再整備、民間との協働を重点に、医療から介護など生活が円滑に切替わる環境整備を目ざす。

 参院議員元秘書の爲谷氏は、共生社会の推進、人への投資、まちづくりを重点に、多様性社会が進む中で、人権を尊重する条例づくりを訴える。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で45人増

生麦青空市夏時間で

生麦青空市夏時間で 社会

27日午前7時から

6月24日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月24日号

地元に「恩返ししたい」

地元に「恩返ししたい」 スポーツ

体操 白井健三さんが引退

6月24日号

鶴見区犯罪発生状況 還付金詐欺に注意を 

【Web限定記事】

鶴見区犯罪発生状況 還付金詐欺に注意を  社会

5月28日〜6月17日

6月24日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter