鶴見区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

鶴見水上消防出張所長として水上消防救助隊をまとめる 小倉 宏文さん 大黒ふ頭在勤 45歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

広い視野で強い部隊を

 ○…横浜港の安心・安全を守るため、新たに発足した水上消防救助部隊をまとめる。「歴史に残る部隊編成に携われることは光栄なこと」とまっすぐな表情。腕には、中央部に青色で「よこはま」と書かれた同隊の証である隊員章がきらりと光る。「全員が誇りを持つことで、強い部隊編成につながるはず」

 ○…山口県出身。幼少期に川で溺れ、一命をとりとめた経験などから消防に強い関心を持つが、なかなか思うようには行かず、一度は東京の証券会社に就職した。21歳の時、地下鉄サリン事件の車両の一本後に乗るという経験をした。「少し時間が違えばどうなっていたか。救助隊の活躍を見て、やはり人を助ける仕事がしたいと強く思った」。市消防局へ入庁。初配属の鶴見署の後、特別高度救助隊や海上保安庁など6部隊以上経験し、昨年、現在の出張所へ。「厳しいこともあったが、辞めたいと思ったことは一度もない。何かあると、見返してやろうと思う。根っからの負けず嫌い」

 ○…妻と3人の子どもの5人家族。平日は遅くなることもしばしば。その分、休みの日は家事にも勤しみ、家族そろってのドライブも欠かさない。「思えば休みの日の方が忙しいかも」と冗談交じりに笑う。

 ○…「大切なのは経験の引き出しと決断力。引き出しの数を増やすのに必要なのは人脈」。これまで経験した部隊の人員とは今でも交流し、隊をこえた合同訓練なども行う。「井の中の蛙にならないように、他の良い所を吸収して活かしたい」。水上消防救助部隊は、これからが本番だ。「艇の規模など、改善すべき点もある。現場の意見をどんどん上へ伝えて良くしていき、強い、他の目標となる部隊になりたい」。広い視野を持つ出張所長が、強い気持ちで先導していく。

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク