鶴見区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

NPO法人横浜市ボート協会の会長に就任した 弓場 常正さん 座間市在住 71歳

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena

燃え尽きるまで漕ぐ

 ○…元宮の鶴見川漕艇場を活動拠点とし、ボート競技の普及・新興に取り組み、大会を実施するなどして活動する横浜市ボート協会。新会長にこのほど就任した。「重責で荷が重い」と話すが、「明るく楽しく漕ぐことをモットーに会を盛り上げたい」と期待に満ちた眼差しを見せる。

 ○…祖父が講師、兄の友人が選手とボートは身近な存在だった。「心身を鍛えるのに良いスポーツ」と教えられており、自身も大学からスタートした。ボートは皆が同じ動きをするスポーツ。「一艇一心。チームワークで上達していくのが楽しくて」。その魅力に魅了された。しかし、全日本選手権では予選落ちなど、良い成績は残せず悔しい思いをした。社会人になっても仲間と交流を続け、53歳の時に誘われて再び乗艇。今は団塊の世代が集まるチームの代表を務め、マスターズ選手権に出るなど活躍する。「燃え尽きて、もう漕ぎたくないという人もいるが、自分は現役時代、燃え尽きてなかったんだろうね。だから長く燃え続けているのかも」

 ○…ボート以外にもゴルフや麻雀と様々な趣味を持つが「何にも上手くないんだよ」と笑う。「でも、間が抜けた3流が良い。3流には人が集まるし、人が好きだから」と気持ちいい笑顔を見せる。何より嬉しいのは仲間の喜ぶ声。「ボートを始めて生活リズムが良くなったとか、毎日が楽しくなったと聞くと、嬉しいね」。周りに気を配り、みんなが楽しいをつくる。

 ○…「いま漕げることがすごく楽しい。沢山働いてきたご褒美かな」。大好きなボート環境を守るため、普及と安全には力を入れたい。末吉橋の架け替えなど、川沿いの工事も始まる。「漕艇場と協力を密にして、安心して漕げる環境を引き続き作っていきたい」。仲間とともに、今日も漕ぐ。

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク