鶴見区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

商大生、行政課題に解決案 区が提示 学生目線で知恵

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
審査員を前に解決案をプレゼンする学生
審査員を前に解決案をプレゼンする学生

 横浜商科大学(小林雅人学長)=東寺尾=で7月27日、学生による行政課題解決のための「鶴見まちづくり政策コンペ」があり、鶴見区から出された9つの課題について学生らが解決策を競い合った。

 区と包括連携協定を締結する同大が、授業の一環として2016年から実施。審査員には、地域でまちづくり活動に取り組む団体の代表者らを招いている。

 今年の課題は「地域防災の担い手として大学生・大学ができることは」「若年層の投票意識を変えるには」「訪日外国人への鶴見観光PR手段」「区のマスコット『ワッくん』を通じた魅力発信」「『食べきり協力店』の区内加盟店を増やすには」「『大学×図書館ブランディング』コラボ企画」「地域防災力向上のため、学生消防団員の活動内容はどうあるべきか」「福祉の担い手としてボランティアを増やすには」「振り込め詐欺等の特殊詐欺を撲滅せよ」の9項目。

事例示し提案

 当日は、11クラスの各代表チームによるプレゼンテーションと、全74チームのポスターによる発表があった。

 「ボランティア増加」をテーマに、代表プレゼンで最優秀に輝いたチームは、希望者と団体・施設のマッチング会を提案。千葉県船橋市であった事例なども提示しながら、有用性をアピールした。

 開館40周年を機に、コラボ企画を募った鶴見図書館の木下豊館長は、「学生目線のアイデアは新しい発見があった。ぜひコラボを実現したい」と今後の展開に期待した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク