鶴見区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

つるみままっぷ 子育て地図、英語版を改訂 WEBも活用、情報幅広く

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
完成した英語版のままっぷ
完成した英語版のままっぷ

 子育て中の母親らの目線で情報を盛り込む地図「つるみままっぷ」の英語版が、このほど2016年の初版ぶりに改訂された。ローマ字で名称を表記し、区内の遊び場などを網羅。日本特有の用語の解説も取り入れ、掲載しきれないものはウェブサイトに載せたうえ、QRを配置するなど工夫している。

 「ままっぷ」は2009年に子育て中の母親らが集まり製作をスタート。地域を実際に歩いたり、施設を使用したりしながら、生きた情報を盛り込む。現在は、鶴見区の新生児訪問などでも活用され、中国語版など種類も広がっている。

 英語版は16年、英語圏にゆかりのある子育て中の親たちにニーズを調査して製作。今回は、地図製作に取り組むNPO法人つるみままっぷのメンバーのほか、一般や外国人の参加もあった。翻訳は初版時に担当した翻訳者が、転勤先のアメリカから遠隔で協力した。

 前回調査時には、「常設以外の遊び場などは敷居が高い」といった声もあったが、その後製作した中国語版で「近所の遊び場も」という要望があったことから、英語版にも反映。スペース確保のため、同法人運営のウェブサイト「こそだてつるみる」とリンクさせながら、情報発信を展開させている。

 鶴見区役所や国際交流ラウンジ、地区センター、地域ケアプラザなどで配架。補助金やクラウドファンディングを活用し2千部印刷した。

コロナで変化も

 納品は2月だったが、新型コロナの影響で配布は延期に。代表の今井幸子さんは、「子育て家庭が外出し地域や人とつながるというのがままっぷの思い。自粛と反する行動に感じられた」とコロナ禍の悩みを吐露する。

 一方で、ウェブサイトへの情報集約やスマートフォンの活用法、コロナ禍でも遊べる場といった新たな掲載内容のアイデアも上がり、検討を重ねていくとしている。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

生麦にお持ち帰りマップ

生麦にお持ち帰りマップ 社会

地元商店主ら 街角に掲示

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク