鶴見区版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

マスクの夏、熱中症に「3トル」 専門家に聞く注意点

社会

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
谷口英喜氏…済生会横浜市東部病院患者支援センター長、栄養部部長を兼任。専門家らで成る「教えて!「かくれ脱水」委員会」の副委員長として、各種メディアで熱中症予防の啓発を行う
谷口英喜氏…済生会横浜市東部病院患者支援センター長、栄養部部長を兼任。専門家らで成る「教えて!「かくれ脱水」委員会」の副委員長として、各種メディアで熱中症予防の啓発を行う

 長かった梅雨が明け、本格的な暑さが続く中、気をつけなくてはならないのが熱中症。今年はさらに新型コロナ対策も加わる点に注意が必要となる。そんな初体験の夏、専門家として多数のメディアにも出演する済生会横浜市東部病院=鶴見区=の谷口英喜氏に、コロナ禍の熱中症予防について話を聞いた。

自粛で筋力低下も影響

 熱中症は、高温多湿な環境などで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節ができなくなることで起こる。

 谷口氏は、コロナ禍の熱中症対策に負の影響を与えるとして、「マスクを常時装着して迎える初めての夏」「外出自粛の体力への影響」の2つをあげる。

 まず、コロナ対策のために日常的に装着が必要となったマスク。子どもと大人でも違いがあるという。

 マスク内でのこもり熱は、成人に比べ子どもの方が全身体温の上昇につながりやすいとする。一方、大人はマスク着用で口や喉の渇きを感じにくくなり、水分補給の回数が不足。脱水症になることが懸念され、熱中症にかかりやすくなる。

 外出自粛による影響は、「暑い環境に行かなくなるので、熱中症にとっては良い面もある」としつつ、「身体が暑さに慣れていないので、急な外出で暑さに負けてしまう。熱中症になりやすい身体になっているとも言える」と注意を促す。

 さらに、自粛生活で筋力や筋肉量が低下していた場合、体内水分が減少している恐れがあり、それも熱中症になりやすい状態なのだという。

基本の予防は同じ

 では、今年はどのように熱中症を予防するべきなのだろうか。谷口氏は「基本は毎年注意するのと同じ」と話す。

 暑い、蒸し暑い日の行動は避ける、熱中症の予防情報などを確認。いつでも汗をかける身体づくりとして、こまめな水分補給や筋肉維持のための運動、涼しい時間帯に外での軽い運動で汗を流す練習をすることなども提案する。

 さらに、コロナ禍の熱中症対策として「3トル」を提唱。ソーシャルディスタンスとして2m以上の距離を「トル」、距離が取れたらマスクを「トル」、そしてマスクをとったら水分を「トル」だ。

 長梅雨で気温も低い傾向だった今年は、身体が少しずつ暑さに慣れる暑熱馴化出来ておらず、「急激な気温上昇は熱中症リスクを高める」と谷口氏。例年以上に、熱中症への注意は必要だ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter