鶴見区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

鶴見川漕艇場に初の新艇 ボート協会 要望叶う

スポーツ

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
3月に新しくなった艇
3月に新しくなった艇

 鶴見川漕艇場=元宮=にあるナックルフォアと呼ばれる4人漕ぎの艇2杯が新しくなり、9月1日、進水式が行われた。同漕艇場でボート競技の普及のため、教室や大会などを開くNPO法人横浜市ボート協会が主催し、同漕艇場が協力。

 同漕艇場は、神奈川県漕艇場などで、レースでは使えなくなった艇などを使用しており、今回新艇が入るのは初めて。

 横浜市は管轄するスポーツ施設の整備などを順番に行っており、今回、地域の人が広く利用する生涯スポーツ施設として新艇2杯の整備に至った。艇の老朽化や艇の種類が複数あると大会で不公平感があることなどから、6年ほど前からボート協会が依頼していたことも背景にあった。

より漕ぎやすく

 同漕艇場は若者や高齢者までが漕艇を楽しむ施設。ボートは1人乗りから8人乗りまで30台以上を保持しているが、そのほとんどが中古だった。

 艇の老朽化が進むと、浸水やひび割れなどの問題が発生するほか、漕ぐ際にも重くなる。また、艇には木製とカーボン製の2種類があり、大会時にも艇の作りが異なると不公平感があるため、ボート協会が漕ぎやすいカーボン艇を要望しており、今年3月に2杯が新しくなった。

 進水式とは、新しい船が出航する際にお祝いとして行われる儀式のこと。船首、船尾にお酒をかけてお祓いをした後、くす玉を割るなど、盛大に行われた。ボート協会の弓場常正会長は「やっぱり新しい艇は気持ちがいい」と話した。

2人以上も解禁

 同漕艇場はコロナウイルスの影響で4、5月を休館とした。6月から1人漕ぎ限定で再開し、9月からはフェイスシールドを着用するなど感染対策を徹底しながら2人漕ぎ以上を解禁した。ボート協会の会員は「ボートは団体競技。やっぱり1人漕ぎよりも皆で乗りたかったので嬉しい」と笑顔を見せた。

お酒を艇にかけてお祓い
お酒を艇にかけてお祓い

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク