鶴見区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

店主ら集まり自警団 仲通り商和会 月一で夜間パト

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
パトロール前のミーティング
パトロール前のミーティング

 「コロナ用心、詐欺用心」――。仲通り商店街商和会の店主などからなる自警団は月に一度、夜間パトロールを実施している。自警団は、拍子木を鳴らし、大きな声をあげながら、仲通り3丁目を外周する。

時勢に合わせアレンジ

 この取組は、同商店街が「何か地域に貢献できないか」と考え、5年ほど前から始めたもの。月に一度の定例会の日に、自警団として街を回ることで、防災や防犯に対する意識を高めてもらうことが目的だ。

 「戸締り用心、火の用心」という基本的な掛け声に、最近は時勢に合わせた言葉を盛り込むなど、アレンジを加えている。

 11月10日、商店街の役員ら10人ほどと潮田交番の警察官・金子拓実さんが参加し、街を回った。通りすがる人たち全員に声をかけ、道行く人からは「ご苦労様」と声を掛けられる場面もあった。

 金子さんは「警察官だけでは手の届かないところもある。協力は本当にありがたい」とし、商和会のメンバーは、「声を聞いて、街の皆さんが少しでも気をつけようという気持ちになってくれたら嬉しい」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter