鶴見区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

区内2連合 食ロス削減に協力 豊岡、小野町で食品回収

社会

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
豊岡で集まった食品
豊岡で集まった食品

 豊岡地区連合会と小野町地区自治連合会がこのほど、食品ロス削減のためのフードドライブを各自治会館で行い、合わせて168kgの食品が集まった。実施した住民らは「コミュニケーションも生まれ、各々の意識も高まった」と手ごたえを実感した様子だった。

 フードドライブとは家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄り、福祉団体などへ寄付すること。

 これまで区内では区役所やイトーヨーカドー鶴見店などで常時回収が行われていたが、回収場所から距離のある住民からは、遠いという声も上がっていた。そこで、区は回収場所を増やしたいと各自治会の婦人部へ協力を依頼。豊岡と小野町が手を上げ、サポートを受けながら実施した。

 両連合会とも、対象は賞味期限が2カ月以上あり、常温保存、未開封のもの。区がチラシ作成に協力し、掲示板や口コミなどで広報を行った。

区の3カ月分

 13日には豊岡第二・三会館で回収が行われた。結果、乾麺や缶詰など340点、133kgが集まった。この数は区と資源循環局鶴見事務所で3カ月間に集まった食品に近い量で、区の担当者は驚いた様子だった。

 7町会ある豊岡地区は、各町会ごとにまとめたほか、直接訪れる人も多かったという。

 同連合会婦人部長の金谷みどりさんは「近くに場があれば持っていこうという気持ちになる」とし、「できる範囲で継続できれば」と話した。

備蓄品なども

 小野町地区自治連では、小野町自治会館で15日に回収があった。

 同連合会は、町会ごとに集めたものを同日にまとめる形で実施。コロナ禍で中止になった防災訓練の備蓄食品などもあり、最終的に157点、35kgの食品が集まった。同婦人部長の杉本苗美さんは「困っている人がいると聞いて、力になりたいと思った。協力のおかげ」と話した。

 食品は区が回収し、区社会福祉協議会へ送られる。区の担当者は「他の地域にも広げたい」と意欲を見せた。

鶴見区版のトップニュース最新6

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

樹名板に二次元コード

馬場花木園

樹名板に二次元コード 文化

情報発信を強化

1月21日号

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク