鶴見区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

被災地の“今”感じるべき 医療支援の東部医師語る

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
南三陸について語る船曵医師。「やはり忘れないことは大事」
南三陸について語る船曵医師。「やはり忘れないことは大事」

 東日本大震災の発生以降、被災地に様々な形で寄り添い、交流を深めた人たちもいる。災害医療支援チームとして、宮城県南三陸町を訪れた済生会横浜市東部病院の救命救急センター長・船曵知弘医師もその一人だ。「10年たった今からでも現地を訪れるべき」と語る船曵医師に話を聞いた。

 船曵医師が被災地に派遣されたのは、震災から約2週間が経過した3月24日。東部病院が発災後に結成した災害医療支援チームの一員としてだった。14班にわたって続いたチームの第2班。津波の被害を受けた南三陸町にある総合スポーツ施設「平成の森」という避難所が拠点となった。

 「主要道路は車で通れたが、そのほかはガレキの山」。被害が色濃く残る中、避難所内の一角に作った診療スペースで、避難者の不安や慢性疾患の対応、風邪の診察など、いわゆる通常診療をこなした。自宅にとどまる人には、訪問診察も行った。

 「炊き出しも一緒に食べて、優しく寄り添うように接してくれた」。途方もないガレキの町を前に、今後も生活していく人と、3日で居なくなる人という大きな”違い”を感じる中、歓迎してくれた一人が渡部りえ子さんだった。「すごく良くしてくれて、救われた」

◇  ◇  ◇

3日間の縁が繋いだ10年

 結局、船曵医師が派遣されたのは、その一回だけだった。

 だが翌年、当時の人たちに会いたいと思った。被災地の移り変わりを見たい気持ちもあり、プライベートで訪問した。景色は変わらなかったが、再会した渡部さんは明るく迎えてくれた。

 時には一人で、時には仲間と、子どもに被災地を見せたいと家族で訪れたこともあった。昨年はコロナ禍で訪問できなかったが、もう10回近くになる。

 「たった3日のインパクトが強かったのかな」。支援する側だったが、逆に勇気づけられたあの時。「行くたびに元気になる」。だから行くのだという。

◇  ◇  ◇

 「何をもって復興かわからないが、震災前と同じとするならば戻ることはないと思う」。それでも、新しくなった南三陸商店街の人たちの表情は、いきいきと感じる。

 ニュースで見た光景が、今どうなっているのか。どういう努力をして復興してきたのか。「被災地に触れるために、今からでも行くべき」。船曳医師は、まっすぐに語る。コロナが落ち着いたら、また南三陸に行くつもりだ。

派遣時の訪問診察(上)と交流する渡部さん(下※2011年撮影・同院提供)
派遣時の訪問診察(上)と交流する渡部さん(下※2011年撮影・同院提供)

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter