鶴見区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

鶴見警察署長に就任した 鈴木 雅己さん 鶴見中央在勤 57歳

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

「人の役に立つ」胸に刻み

 ○…隣の神奈川区と川崎の署では勤務経験があるが、間の鶴見は初めて。「海側は工業地帯、山側には住宅地、歴史もあり、色々な側面を持っている」。まちの印象を話す。一つ前は県警察本部で特殊詐欺などを扱う生活安全課にいた。初となる署長職。「現場が好きだから嬉しい。これから鶴見のことをたくさん知っていければ」。まっすぐな瞳と柔らかな口調が印象的だ。

 ○…金沢区出身。瀬谷区育ち。人の役に立ちたいと、警察官の道を志した。初めは機動隊に配属。忘れられないのは、派遣された阪神淡路大震災。悲惨な街の状況を見て、そこにいる人たちと触れた。「住民の人たちが一番大変なのに、自分たちにも労りの声をかけてくれて」。困っている人たちを助けることの大切さを実感した瞬間だった。様々な役職を背負うようになってからは直接事件現場へ赴く機会は減った。しかし、気持ちは変わらない。「今でも現場には駆けつけたくなる。自分にできることがあるならやらなくては」

 ○…妻と息子と娘の4人家族。息子は自身と同じ野球部に所属した。「自分は坊主が嫌でやめてしまったけど」と笑う。趣味は温泉旅行。コロナ禍は行けていないが、これまで秘湯を数多く巡ってきた。「行くと心が洗われる」

 ○…「人の役に立ちたい」という思いは、先輩の姿を見てどんどん強くなった。「人に恵まれた。一人じゃ何もできないからね」。周りとの協力は大切にしてきた。「それは警察署も同じ。区役所や地域の方、周りの力を借りなければできないことも多い」。県下でも特殊詐欺の被害が多いという鶴見。「なんとかしなければ。力を合わせて事件や事故にあう人たちを減らしたい」。志高く、鶴見を守る。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter