鶴見区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

絆のモザイクアート完成 自治連ら企画 HPで公開

コミュニティ文化

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
区民らから集めた写真を合わせて完成したモザイクアート(写真上=横浜サイエンスフロンティア高校作『走る』、同下=東高校作『おいでよ わたしの街 鶴見)
区民らから集めた写真を合わせて完成したモザイクアート(写真上=横浜サイエンスフロンティア高校作『走る』、同下=東高校作『おいでよ わたしの街 鶴見)

 東京五輪・パラリンピックを契機に地域の絆を深めようという企画「鶴見区『絆』プロジェクト」で、区民らから募る写真を使用したモザイクアートがこのほど完成した。地元高校生が描いた2枚の原画に、計7200枚が使われた作品は、8月末まで特設ホームページ上で公開されている。

 このプロジェクトは、鶴見区自治連合会(石川建治会長)と鶴見区(森健二区長)による連携企画。コロナ前から自治連有志らが発案していた地域の絆作りの取組を、コロナ禍でも可能な企画として練り直したものだ。

 モザイクアートは、多数の画像を合わせて一枚の絵を作るアート作品。写真は1月下旬ごろから募り、メッセージを添えた人物写真や、区内各地の風景写真など幅広く募集した。

 原画は横浜サイエンスフロンティア高校と東高校の美術部が制作。モザイクアートは3月下旬に完成し、公開された。区によると、原画一枚あたり計3600枚で作られ、一人複数回使用されているという。

 プロジェクトのホームページ(https://www.tsurumi-kizuna.jp/)では、応募時に設定したニックネームを検索すると、どの部分に使われているかがわかる仕組みになっている。

 発案者の一人で寺尾第二地区連合会の宮野昌夫会長は「地域はもちろん、高校生も携わってくれたことが有難い。みんなで作れたことは意義がある」と話した。
 

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

5月7日号

バス停2カ所「最も危険」

バス停2カ所「最も危険」 社会

国調査 区内32カ所に判定

5月7日号

「目指すはパリ五輪」

子どもの日インタビュー

「目指すはパリ五輪」 スポーツ

ブレイクダンス・藤野さん 世界で飛躍

4月29日号

地域伝統芸能大賞を受賞

鶴見神社田祭り保存会

地域伝統芸能大賞を受賞 文化

途絶から再興など評価

4月29日号

案内パンフレット製作

東寺尾北部町内会

案内パンフレット製作 社会

消防団と連携 防災情報も

4月22日号

一時停止向上へ「お礼運動」

一時停止向上へ「お礼運動」 社会

区、警察 児童対象にスタート

4月22日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter