鶴見区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

操車場の思い出一冊に 史季の郷 地域視点で歴史集約

文化

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena
表紙を飾った1969年の写真
表紙を飾った1969年の写真

 矢向・江ヶ崎・尻手の歴史資料室及び交流室を運営するNPO法人「史季の郷」が、新鶴見操車場の歴史や、まつわる周辺住民の話を盛り込んだ冊子『なつかしの新鶴見操車場』を作成した。

貴重な資料に

 冊子は、史季の郷の「つながりクラブ」分科会の一つ、郷土史研究会のメンバーが編さん。3年前、操車場90周年を記念して実施した展示の資料などをもとにした。

 メンバーによると、川崎市側にはまとめられているものが多いが、鶴見区側には少ないという。

 今回は、鉄道史上の内容だけでなく、地域視点の歴史的位置づけもひも解きながら、住民の思い出話も盛り込むなど工夫。「SLの煙が洗濯物を汚す」「夜も動く操車場にびっくり」といった声を集めた。

 また、操車場建設にともない移転した民家の買取価格のメモや、1978年の操車場配線略図も掲載。住民から写真も集めるなど、当時を語る貴重な資料となっている。

 編集委員長を務めた間口健一さんは「線路があったことを知らない人も増えた。新しい方には知ってもらい、古い方には思い出も呼び起こしてもらえれば」と話す。

 A4判52ページで500部作成。鶴見図書館や学校、矢向地区センターなどに配架されている。問い合わせは、NPO法人史季の郷・鴨志田潔さん【携帯電話】090・6545・3576。

日本三大の一つ

 新鶴見操車場は、当時の輸送力拡大などを目的に、鶴見区の川崎市幸区にまたがる形で1929年に開設。貨車の行先を変更するための場所で、愛知の稲沢、大阪の吹田と並ぶ日本三大操車場の一つとされる。

 最盛期には一日6千台の貨車を取り扱っていたが、高速道路の充実による自動車輸送拡大などを背景に、1984年に役目を終了した。

 現在は一部を残し整備され、新鶴見小学校、汐田総合病院、島忠ホームズなどが建設され、史季の郷も跡地に立つ。
 

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter