鶴見区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

子どもの日インタビュー 「目指すはパリ五輪」 ブレイクダンス・藤野さん 世界で飛躍

スポーツ

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
フィセの優勝メダルを持つ藤野さん
フィセの優勝メダルを持つ藤野さん

 24年パリ五輪で正式種目に追加されたブレイクダンス。若手の世界大会で優勝するなど、頭角を現しているのが鶴見中央のダンススタジオWAAAPSに通う13歳の藤野栞莉さん(ダンサーネーム・Sy(シー))=川崎区在住=だ。8月には世界大会「バトルプロ」の日本代表を決める戦いに挑む。

 藤野さんは昨年9月、「FISE(フィセ)」という都市型スポーツ総合国際大会のYOUTH部門で優勝した。大会は97年に仏で始まり、18年から日本にも上陸。広島で行われた一昨年の大会は10万人が来場した。

 昨年はコロナ禍でオンライン開催され、ブレイクダンスは動画審査など経て、世界から選ばれた4人がトーナメントで戦った。自宅で画面越しの戦いとなったため、藤野さんは気持ちを盛り上げるのが難しかったと振り返るが「絶対負けない気持ちで臨んだ」と笑顔を見せる。

誰かの憧れに

 ブレイクダンスは姉の影響で小1から始めた。翌年からWAAAPSに通い、今でも放課後はほぼ毎日訪れる。鶴見ウチナー祭のダンスバトルでも優勝経験を持つ。

 「自由度が高く自分で考えた振りや動きが評価されるところが楽しい」といきいきした表情。ふとした日常の動作から、技や動きを思いつくことも多く、いつも頭の中はダンスのことばかりだ。

 「バトルプロ」は、日本代表になると、ヨーロッパで行われる世界大会へ出場できる。「以前よりダンスの大会など増えた。知ってもらえる機会が多くなって嬉しい」。目標はパリ五輪に出場すること。「大人とも戦う大会ではまだ負ける。大人に勝ちたい」と負けず嫌いな一面も。「これからダンスを始める子とか誰かの憧れの人になりたい」。貪欲なダンサーが頂点を目指す。

鶴見区版のトップニュース最新6

緑化活動で大臣賞

みどりのルート1をつくる会

緑化活動で大臣賞 社会

“沿道里山”実現へ尽力 

6月10日号

配信授業システム稼働

鶴見大図書館

配信授業システム稼働 教育

「学校にいる安心感ある」

6月10日号

日帰りが7割減少

鶴見区観光客

日帰りが7割減少 経済

宿泊はビジネス減響く

6月3日号

電気ごみ収集車普及へ協定

新明和工業(株)

電気ごみ収集車普及へ協定 社会

厚木市、三菱ふそうと

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter