鶴見区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

区内待機児童 減少も、保育利用者も急減 激戦の1歳児枠にも空き

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、4月1日現在の市内待機児童数について、昨年から11人減の16人だったと発表した。鶴見区は1人減り、1人だった。

 保育所等利用申請者数は市内全体で7万2527人、保育所等の利用児童数は6万9685人だった。希望通りの保育所等を利用できない人(保留児童)は2842人で、うち1435人が育休の人だったとした。

 区別でみると、最も多かったのは港北区の5人で、戸塚が3人、中区、港南区が2人と続いた。神奈川区や青葉区、都筑区など10区でゼロを記録した。

背景にコロナか

 待機児童対策は、市内でも強化されてきた施策だ。鶴見区でも例年新規園の開設などが進み、今年度は10園が開園。4月1日現在、横浜保育室を含め114園に上る。

 一見すると対策が奏功している状況だが、今年度は少し様子が違うという。区担当者は、「あくまでも推測」としながら、コロナ禍を背景に「想定以上の空き枠が出ている」と話す。

 実際、育児休暇明けで最も倍率が高いとされる1歳児でも、20施設以上で空きが発生。特に鶴見駅東口側の小規模保育施設が顕著だという。

 理由について区は「都内への通勤者が多く、リモートワークが増加」「市内で2番目に多い外国籍の方が帰国」などと推測。待機児童解消の動きから利用者確保へ、180度転換を余儀なくされている。一方で、コロナ後の揺り戻しにも配慮する必要があり、「難しい状況」と苦慮。「今すぐ預けたい方や、在宅ワークの方など、ニーズがあれば対応していきたい」としている。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter