鶴見区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

区内2町会 自治会館を防災拠点へ 太陽光、蓄電池など配備

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
平安町第2会館に設置された太陽光と蓄電池
平安町第2会館に設置された太陽光と蓄電池

 鶴見区内の2町会で、自治会館を災害時の拠点として活用する動きが出ている。平安町町会と上末吉五丁目町会が、このほど自治会館に太陽光発電を設置した上、蓄電池も配備。「有事の際、地域を守る拠点にできれば」と関係者は話す。

平安町

 平安町会は、2つ会館を所有。今回、太陽光発電と蓄電池を設置したのは、2019年に完成した第2会館だ。導入には区の地域活動推進費補助金を活用した。

 道を挟み隣接する第1会館には、15年ほど前の開館時に太陽光パネルを設置したが、蓄電池は当時高額だったこともあり、今回が初めて。河西英彦会長は「これで町会の電力は全て太陽光でまかなえる」と話し、環境的にも有意義とする。

 神奈川県災害ボランティアネットワークの代表なども務め、災害対応の経験が豊富な河西会長は、「電気は安心にもつながり重要」と語る。災害時に最も必要な情報を得るためにも使用でき、「スマートフォンの充電が切れる心配もない」と河西会長。第2会館に設置しているアマチュア無線機にも活用できる。

 河西会長は、まちの復興のために重要な災害ボランティアの宿泊場所として第2会館を利用する考えで、キッチン設備が充実している第1会館とすみ分けて活用する。

上末吉五丁目

 上末吉五丁目は、会館の建て替えに伴い、太陽光発電と蓄電池を購入。蓄電池は容量が小さいものだが、ガソリンを燃料とする発電機やLPガス、灯油などを利用するものなど、いろいろなエネルギー源を確保することで柔軟に対応ができるように配慮した。

 町会の備品のほか、災害時用の備蓄を2階に整理。瓦礫の片付けや夜間のパトロールなど、発災時、参加してくれた有志のために配布する食料として、50人を10日間動員できる分も備えているという。

 「日常的に集まる場所としてはもちろん、防災拠点としての機能も強化できた」と佐々木泰広会長。コロナ禍でも、旧会館を使用して災害対応訓練などを実施してきた同町会。今後は、災害時のための太陽光の切り替え作業など、設営訓練を行う予定という。
 

新築の上末吉五丁目会館
新築の上末吉五丁目会館

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ゲートボール 市で優勝

上末吉寿会

ゲートボール 市で優勝 スポーツ

ねんりんピックへ挑む

6月24日号

拡幅完了 歩道倍に

元宮1丁目古市場踏切

拡幅完了 歩道倍に 社会

両側に空間 安全を確保

6月24日号

空手全国3位に

鶴見在住吉田さん

空手全国3位に スポーツ

初出場で快挙 

6月17日号

ユニフォーム海外へ寄付

サッカーチーム下野谷レッグス

ユニフォーム海外へ寄付 スポーツ

善意の75組 ネパールへ

6月17日号

緑化活動で大臣賞

みどりのルート1をつくる会

緑化活動で大臣賞 コミュニティ社会

“沿道里山”実現へ尽力 

6月10日号

配信授業システム稼働

鶴見大図書館

配信授業システム稼働 教育

「学校にいる安心感ある」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter