鶴見区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

自作キャラで盛り上げ 「なまむぎーぬ」と「とろブー」

社会

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
マルシェに登場した「なまむぎーぬ」(左)と「とろブー」
マルシェに登場した「なまむぎーぬ」(左)と「とろブー」

 コロナ禍のまちを元気にしようと、このほど2体のご当地キャラが誕生し、地元をにぎわせている。2体は、生麦をモチーフにした「なまむぎーぬ」と、寿司店が考案した「とろブー」。5月23日、生麦駅前で開かれた生麦de日曜マルシェに顔をそろえた。

 なまむぎーぬを作ったのは、岸谷のデザイン事務所・アート工房まんまるず。コロナ禍で収益が落ち込んだ際に、オリジナルTシャツ作りを模索。落書き的に描いた頭から麦が生えた犬がそのまま採用された。

 なぜか関西弁を喋るなど謎の多いキャラ。グッズに続き、手作りで着ぐるみも製作。地元のほか佃野町や仲通りのイベントにも出演を果たし、パン店とのコラボ商品も販売されるなど少しずつ認知度を上げている。

 まんまるずは「生麦公認を目ざしたい。ぬいぐるみなども作れたら」と意気込んでいる。

弟として誕生

 とろブーは鶴見中央の寿司店・とも栄鮨が考案。4年ほど前、デザイン関連の仕事に就く客との雑談から生まれた、「とろぶん君」という店のキャラクターの弟として誕生した。

 今回、なまむぎーぬの活躍を知り、手作りを決意。ダンボールとフェルト生地で、顔部分のみ作った。正式デビューはこれからというが、YouTube動画(https://youtu.be/_Pk_l0dyu-o)を製作。「自店PRだけでなく、ご当地キャラとして活躍したい」と野望を話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter