鶴見区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

上末吉寿会 ゲートボール 市で優勝 ねんりんピックへ挑む

スポーツ

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝した寿会のメンバー
優勝した寿会のメンバー

 区内のゲートボールチーム「上末吉寿会」が、このほど行われた横浜市老人クラブ連合会主催のゲートボール大会で優勝し、10月から始まるねんりんピック岐阜大会への出場権を得た。メンバーは「優勝には驚いた。嬉しい」と喜びの声をあげている。

 横浜市老人クラブ連合会では毎年、全国大会であるねんりんピックへの選抜を兼ねて、グラウンド・ゴルフ、ペタンク、ゲートボール、囲碁、将棋の5種目の大会を実施。各区の強豪がしのぎを削る。

 今年で42回目となるゲートボール大会には、市内から14チーム84人が出場。コロナ禍のため感染症対策を徹底して行われた。

 上末吉寿会は持ち前のチームワークを発揮して順調に勝ち進み、見事頂点に輝いた。メンバーは「相手がいることだから、なかなか一番を取れるものではない。優勝できてよかった」と感想を述べた。

10年以上ともに

 優勝したのは鈴木勝夫さん(83)、鈴木清子さん(80)、小沼とし子さん(70)、河野つぎ子さん(71)、安藤嘉昭さん(77)の5人のチーム。

 ゲートボール歴30年のベテランも所属し、ねんりんピックには過去2回出場経験を持つ強豪だ。週に4回、地元の公園で練習を行い、10年以上ともに汗を流してきた。「河野さんが盛り上げてくれるから実力以上の力が出る」とメンバー。河野さんは「何より楽しいから。足腰にもいいしね」と笑顔をみせた。

 ねんりんピックは例年、全国から選手、役員含め1万人が参加するという大規模な大会だ。寿会は、予選突破の実績はまだない。メンバーは「今年は絶対にトーナメントにまで出場したい」と意気込んだ。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter