鶴見区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

まち普請、区内2団体通過 2次に向け準備へ

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 市民による施設整備の提案に対して、横浜市が支援・助成を行う独自事業「ヨコハマ市民まち普請事業」の一次コンテストが、7月10日に行われ、区内からエントリーした2団体が通過した。

 同事業は、地域課題解決や魅力向上などを目的とした市民主体の施設整備提案について、市が最大500万円の助成金を交付するもの。

 鶴見区からは、矢向・江ヶ崎の歴史資料室・交流室「史季の郷」を運営する周辺住民による団体・NPO法人史季の郷と、沖縄県人会、仲通商店街、仲通三丁目自治会が連携した「結(ゆい)」つるみ実行委員会がエントリーした。

 史季の郷は、地産地消カフェや子育て相談所などの新事業に着手するため、既存施設の拡張などを提案。結は、地域住民の集いの場や、沖縄や南米の文化体験の場や、情報発信拠点の整備をプレゼンテーションした。

 一次では8団体中、6団体が2次コンテストへ。2次は来年2月6日に開催される予定。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

チョコの秘密を探る

チョコの秘密を探る 社会

児童向け実験教室

9月16日号

オンラインで工場見学

キリンビール

オンラインで工場見学 経済

3D空間を体感

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

漕艇場でボート体験

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

男子団体が全国で準優勝

潮田中剣道部

男子団体が全国で準優勝 スポーツ

女子もベスト8に

9月16日号

鶴見区からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook