鶴見区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

喫茶好き25歳 歴史継ぐ 珈琲専門店山百合 閉店から一転、存続へ

文化

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena
店内に立つ慶野さん(上)、外壁の屋号
店内に立つ慶野さん(上)、外壁の屋号

 外壁に書かれた大きな屋号が目印の「珈琲専門店 山百合」=鶴見中央4の21の12。1975年から40年以上続く、歴史ある喫茶店だ。幕を閉じるはずだったこの店の歴史が、一人の若者によって引き継がれることになった。

偶然の出会い

 友人の家が鶴見にあり、よく山百合の前を通っていたという喫茶店好きの慶野未来さん(25)=人物風土記で紹介。市内の学校で教諭として働きながらも「自分の店を持つ」という夢を心に秘めていた。

 一方、コロナ禍で打撃を受け、1年半前から休業、後に閉店予定だった山百合。マスターと慶野さんに共通の知り合いがいたことから、二人は出会い、慶野さんは教諭を辞め、山百合を引き継ぐことになった。

 もちろん、迷いがないわけではなかった。慶野さんは、「教諭を辞めるのは早いとか、周囲から色々指摘は受けました。特に、親にあれだけ反対されたのは初めてで」と苦笑する。それでも思いは曲げられなかった。気持ちは店に初めて入った時に固まった。「素敵な店内で、ワクワクして。そこで即決しました」

修行の日々

 10月4日から再開した同店。昔ながらのサイフォン珈琲や、食事の味、提供スピードなど、随所にこだわりが見受けられる。慶野さんはマスターに教わりながら、日々修行を積む。「毎日怒られています。でも、こだわりが強いからこそ信頼できる」

 「開いていて嬉しかった」「またやってくれてありがとう」などの声をもらうことも。「お客さんが喜んで帰ってくれるのが一番嬉しいです」と慶野さん。「マスターや社員さんの愛情深さが伝わり、山百合はずっと愛されてきたんだと思います。それらを受け継ぎながら豊かな時間を過ごせるお店にしていきたい」

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook