鶴見区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

鶴見警察署の署長に就任した 片山 真さん 区内在住 59歳

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

守るため、できること全て

 ○…署員約350人が勤務する鶴見警察署をまとめる役についた。3度目の署長職となるが、鶴見の地は初めて。「人口も多い。やりがい、刺激があるはず」。就任して初めに署員へ伝えたのは「区民目線」だ。「区民が何を恐れていて、何をしてほしいのか、そこを常に考えることが大事」 

 ○…小田原市出身。大学生の頃に警察官を目指すように。「正義感が強かった。他にはあまり考えなかった」。警察官になり、様々な部署を渡り歩いた。警備を担当したAPEC首脳会議では、過酷な場面もあったが、一つひとつ丁寧に対応してきた。「人命にかかわること。最悪の事態に備え、やれることは全てやらなければ」。神奈川県庁など、3度の出向も経験し、外側から客観的に警察組織を見てきた。必要性を感じたのは「情報発信の強化」。初の署長職となった秦野署では、同署のツイッターを開設し、事件情報などスピード感を持って伝えた。「鶴見でも開設する予定。署員だけでは限界がある。情報を得ることで、区民にも、自ら身を守ることを意識してほしい」と呼びかける。

 ○…妻と3人の子を持つ。長男は警察官。「受験すると聞いた時はやっぱり嬉しかった」と父の顔。趣味は大学生から始めたテニス。「地元では仲間と。こっちにきてからはできていなくて」。休日は区内の散歩。「海も山も川もある。歩いて知っていきたい」

 ○…大切にしたいのは、チームワーク。「警察官の仕事は一人でやっているように見えるかもしれないが、実際は仲間同士で助け合い、フォローし合っている。そうしないと役割が果たせない」。良い組織づくりを意識する。「誰もが安全で安心して暮らせるまちに」。高い志を持って、署の先頭に立つ。

鶴見区版の人物風土記最新6

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook