神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月28日 エリアトップへ

神奈川県庁東庁舎レストラン 4回目の事業者募集 条件緩和、6月19日まで申請受付

経済

公開:2024年5月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
店舗予定地から望む県庁本庁舎
店舗予定地から望む県庁本庁舎

 3年以上空室となっている神奈川県庁東庁舎=中区日本大通=のレストランスペースについて、県は5月24日から店舗運営事業者の募集を開始した。今回で4回目の募集で、6月19日(水)まで入札参加の申請を受け付ける。 

眺望は抜群

 レストランスペースは東庁舎12階にあり、広さ約378平方メートル。横浜港や横浜三塔、富士山などが望める「絶好のロケーション」(県担当者)。  

 しかし、1回目の募集はコロナ禍の影響を大きく受け、応募はゼロ。繁華街から少し離れている立地などが影響し、2回目募集では応募者が辞退。3回の募集を経ても事業者が決まっていない。

賃料は半額に

 県は事業者側にヒアリングを行い、運営に関する条件の緩和を決定。最低賃料を1回目募集時の年間2123万円から半額となる約1060万円に引き下げた。初期投資の負担を減らすため、防火シャッターや空調・換気設備の設置費用を県が4440万円を上限に負担する。定休日も原則年中無休としていたが要件を緩和。参入機会を拡大するため、複数の法人で構成するグループによる応募も可能とした。

 賃貸借期間は8月1日(木)から2039年7月末までの15年間。入札参加申請は6月19日(水)まで受付中で、7月下旬に落札者を決定する。5月30日(木)まで現地見学が可能。

 詳細は県総務局財産経営部庁舎管理課【電話】045・210・2610。

県庁東庁舎
県庁東庁舎
横浜港、ベイブリッジなどを一望できる
横浜港、ベイブリッジなどを一望できる
窓が大きな客席スペース
窓が大きな客席スペース
厨房スペースも広い
厨房スペースも広い

鶴見区版のローカルニュース最新6

横浜市会・鈴木太郎議長が初の「定例会報告」

泥だらけで田植え楽しむ

みその公園横溝屋敷

泥だらけで田植え楽しむ

親子連れら80人以上が参加

6月14日

ひきこもり経験者に聞く

ひきこもり経験者に聞く

鶴見中央で支援セミナー

6月14日

暮らしのヒント展

暮らしのヒント展

区役所で27日、28日

6月13日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月13日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook