神奈川区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

六角橋中柔道部 朝飛姉妹が全国へ 目標は「優勝」

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena
姉・七海さん(左)と妹・真実さん
姉・七海さん(左)と妹・真実さん

 8月24日に愛媛県松山市で開催される「第45回全国中学校柔道大会 女子個人戦」に、六角橋中学校柔道部の朝飛七海さん(63kg級・3年)と朝飛真実さん(70kg級・1年)が姉妹揃って出場する。平川町にある名門道場「朝飛道場」が実家の二人。学校での部活動と道場での稽古を上手に活用し、それぞれ全国優勝を目指す。

 七海さんは三度目の出場で、真実さんは初出場だ。全中へのチケットをつかんだ県総合体育大会では、2人とも集中力を切らすことなく順当に勝ち上がったが、「決勝だけ一本がとれなかった。技をかけても最後まで決めきれなかった」(七海さん)、「得意の内股で一本とれた試合が多かったけど、階級の中でも体重が軽いからカバーできないことが多かった」(真実さん)と、それぞれ課題を残しての優勝だった。

姉は「緻密」妹は「奔放」

 二人とも、物心つく前の2才から柔道を始めた。七海さんは小学生の頃に全国大会で団体優勝、真実さんは個人で全国連覇している。2020年の東京五輪での活躍も期待される有望選手で、「柔道を辞めたいと思ったり、辛いと思ったことはない」と口を揃える。

 放課後の柔道部での練習について、二人は「初心者が多い部活で指導側に回ると新しい発見がある」と前向きにとらえ、戦術にもいかしている。顧問の宮下広平教諭は「姉は緻密な柔道。自由奔放な性格の妹は、思いきりのいい試合をする」と分析。師匠である父の大さんは、「七海はいつもどおりやればいい」、「真実は全国連覇したことは忘れて臨みなさい」と声をかけたという。

 出場権獲得からの1カ月弱、走り込み直後に打ち込みをする「息上げ」という稽古のほか、組手の順番やパターンなどを入念に確認して仕上げてきた。七海さんは「最後の全中なので、みんなの応援を力にして勝ちたい」、真実さんは「初めての全中だが、チャレンジャーとして攻める柔道をしたい」と闘志を燃やす。

神奈川区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

砂田川に絵看板

池上小6年生有志

砂田川に絵看板 教育

鯉のぼり祭りでお披露目

5月23日号

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月16日号

紙芝居上演10周年

菅田町在住杉田さん(76)

紙芝居上演10周年 文化

岸根公園で毎月1回

5月16日号

阿部さん、全国水泳2冠

セントラル横浜

阿部さん、全国水泳2冠 スポーツ

11-12歳100m背、200m個メ

5月1日号

羽沢新駅 11月末開業へ

羽沢新駅 11月末開業へ 社会

都心アクセス向上

5月1日号

「ワンコイン見守り隊」発足

西菅田団地

「ワンコイン見守り隊」発足 社会

ゴミ出し支援で安否確認

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク