神奈川区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

神奈総高放送部 2人が全国大会へ 「目標は決勝進出」

教育

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
笑顔をみせる吉村さん(右)と水落さん
笑顔をみせる吉村さん(右)と水落さん

 第62回NHK杯全国高校放送コンテストの神奈川大会決勝が6月14日に行われ、県立神奈川総合高校放送部の水落なぎささん(2年)と吉村麗花さん(3年)が全国大会初出場を決めた。今年に入って成長したという二人。「(決勝が行われる)NHKホールの舞台に立ちたい」と意気込む。

 水落さんは朗読部門で優勝した。「今までで一番良い朗読ができた。楽しく上手に読むことができ、会場の皆さんに伝わったと思う」と笑顔を見せる。吉村さんはアナウンス部門で4位入賞。「緊張もあって心がこもってなかった」と悔いを残すも、「これで引退ではなく、再びチャンスがもらえて嬉しい」と慢心はない。

成長を実感

 同校放送部は、過去に全国大会で決勝進出経験がある強豪校の一つ。フリーアナウンサー青柳秀侑(ひですけ)氏を講師に招き、アナウンスや朗読、番組制作に取り組む。

 合唱部と掛け持ちしている水落さん。クラシックバレエも習っており、表現することが好きだという。顧問の長谷見英夫教諭は「昨年は鳴かず飛ばず。今大会の部内選考会で成長を感じた」と話し、水落さんは「点数よりも会場を魅了することを意識できるようになった」と自己分析。課題は高くなりがちな声のトーン。録音した声を聞いて調整を繰り返している。

 吉村さんは、アナウンサーにあこがれて中学時代同様、放送部に入部。自他ともに認める真面目な性格で、「しいて言えば”諦めないこと”が私の強み。大会のたびに辞めたくなるが、続けたい気持ちが勝る」と話す。そんな先輩を水落さんは「以前は、上手だけど自分の中でまとまっていた。それが客席まで伝わってきた」と自分のことのように喜ぶ。吉村さんは「強く優しい読みを目指したい」と意欲をみせる。

「会場に届けたい」

 全国大会まで1カ月を切った。「これ以上はないと言える読みをしたい」(水落さん)、「会場にいる全ての人に伝わる読みをしたい」(吉村さん)と、二人とも決勝進出を目指す。全国大会は7月21日から3日間、NHKホール=東京都渋谷区=などで行われる。

神奈川区版のトップニュース最新6

和裁一筋 名工の風格

和裁一筋 名工の風格 文化

鈴木勲吾さん 卓越技能者に

12月3日号

半世紀の歴史に感謝

半世紀の歴史に感謝 社会

来春閉校 菅田小で式典

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

「偽造」見抜き逮捕貢献

横浜銀行大口支店職員

「偽造」見抜き逮捕貢献 社会

免許証「光の反射に違和感」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

大賞に精華小の大澤さん

鎌倉文学館こども文学賞

大賞に精華小の大澤さん 文化

夏の思い出、独創的な詩に

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク