神奈川区版 掲載号:2015年8月20日号 エリアトップへ

在宅医療の連携拠点開設へ 区民の医療ニーズに対応

社会

掲載号:2015年8月20日号

  • LINE
  • hatena

 病院とかかりつけ医を結び付け、医療・介護事業者間の連携を深める「在宅医療連携拠点」が9月1日、はーと友神奈川=反町=に開設される。神奈川区医師会(矢島保道会長)が横浜市から委託を受けて運営するもので、区内の医療・介護情報を集約しながら、区民の相談に応じ、各機関の橋渡し役を担う。

 超高齢社会が進む中、病院のベッド数不足が懸念されており、退院後に住み慣れた地域で在宅療養生活を送りたいと望む人が増えている。

 このようなニーズに地域ぐるみで応えようと、住まい・医療・介護・予防・生活支援の5つの役割を果たす「地域包括ケアシステム」の構築が全国で進められているが、医療・介護事業者のコーディネート役となる「在宅医療連携拠点」はその核となるものだ。

 横浜市は医師会と協働し、2013年から西区でモデル事業を開始。今年に入って各区に広がっており、神奈川区は13番目の開設となる。

2人で対応

 神奈川区の拠点は、区医師会訪問看護ステーションがあるはーと友神奈川内に設けられ、ケアマネージャーと看護師の2人が対応にあたる。区民から相談を受けた区役所や地域ケアプラザの依頼により、かかりつけ医の紹介や病院退院後の在宅療養についての相談、訪問看護・訪問リハビリの情報提供などを各機関と連携し行っていく。看護ステーション管理者で、1日から拠点スタッフとなる木村光代さんは「この拠点がどのようにリーダーシップをとって連携していくかが重要」と位置付ける。

「往診医増やしたい」

 同拠点のスムーズな運営には、医療・介護事業者間での密な連携が重要だ。開設に携わった神奈川ヘルスケアクリニック=西神奈川=の赤羽重樹医師は、「神奈川区は他区に比べ、以前から医療・介護がつながりを持っている」と期待する。現在、往診可能な医師は20人弱。「患者と医師を上手にマッチングさせることで、登録医に名乗りをあげてくれる医師を増やしていきたい」と話す。

神奈川区版のトップニュース最新6

逆境乗り越え笑顔の金

チアクラブLIPS

逆境乗り越え笑顔の金 スポーツ

全国大会で初の快挙

2月25日号

児童虐待対策へ支援拠点

横浜市

児童虐待対策へ支援拠点 社会

神奈川区など10区に来年度

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

商店主がプロの技伝授―横浜市神奈川区でまちゼミ

市特定健診 受診控え鮮明

市特定健診 受診控え鮮明 社会

49万人対象、受診率10%

2月11日号

ノース・ドック一部返還

ノース・ドック一部返還 社会

3月までに土地1400平方メートルなど

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク