神奈川区版 掲載号:2015年10月8日号 エリアトップへ

横浜市 医療費助成 小3まで拡大 県内では依然、低水準

掲載号:2015年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は10月1日から、通院時にかかる小児医療費の助成を「小学1年生まで」から「小学3年生まで」に拡大した。保護者らからは歓迎する声がある一方、県内の自治体と比べ依然として助成範囲の水準は低いことから、さらなる助成を求める声も聞かれる。

 小児医療費助成は、健康保険に加入する子どもが病気やけがで医療機関を受診した際に支払う保険診療の一部負担金を助成する制度。市では、10月からこれまでの「小1まで」を小3までに拡大。これにより新たに約4万人が対象となった。

自治体間で格差

 神奈川県下では就学前までは県も一部補助しているが、小学校入学以降は各自治体が全額を負担する。対象年齢などは各自治体に任せられるため、内容にはばらつきがある。県内の市町村では、海老名市や大和市などは中学3年生まで、藤沢市や鎌倉市は小学6年生までを助成。政令市では川崎市は小学2年生だが、相模原市は今年4月から小学6年生までに拡大した。

財政状況がネックに

 横浜市健康福祉局・医療援助課担当者は「県内の水準に合わせて、小学6年生までの引き上げは必要と考えている。しかし、市の財政上、今年度は小学3年生までが限界だった」と話す。同課によると、助成の経費は1学年ごとに約8億円がかかるという。「一度上げたら、下げることは難しい。額面が大きいので今後の財政状況を考えて進めなければならないが、引き上げに向けた努力は今後も続けていく」と説明する。

充実の必要性認める

 市では1995年に0歳児を対象に助成を開始。徐々に対象年齢を拡大してきたが、2012年に小学1年生までに拡大してからは、動きは見られなかった。

 青葉区に住む小学2年生の子どもを持つ母親は今回の拡大に対し、「とても助かる」と評する一方、「横浜市は助成期間が短いと思っていた。ほかの自治体のように中学3年生までにしてほしい」と訴えた。

 同担当者は「県内で差がついてしまい、市民からも多くの要望を頂いている。対象年齢の拡大や所得制限の撤廃は、市の子育て支援施策の一つとして、必要性がある」と話した。

神奈川区版のトップニュース最新6

新キャンパス竣工

神奈川大学

新キャンパス竣工 教育

みなとみらいに4月開設

1月28日号

出火率、過去最少に

出火率、過去最少に 社会

住宅火災の割合は増加

1月28日号

公共交通の利便性に満足

横浜市市民意識調査

公共交通の利便性に満足 社会

働き方の多様化に期待も

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

未利用魚活用事業に栄誉

魚食普及推進協

未利用魚活用事業に栄誉 社会

魚の国のしあわせ大賞

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク