神奈川区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

菅田 東友神輿保存会が30年 「地域の思い」担ぎ続ける

文化

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
記念式典に集まった会員
記念式典に集まった会員

 菅田神明社を拠点に町会神輿を担ぐ「東友神輿保存会」(原田保弘会長)が創立30周年を迎え、4月17日にロイヤルパークホテルで記念式典を開催した。同保存会はメンバーを入れ替えながらも、「明るい菅田をつくる」という発足当初の目的のために活動を続けている。

 「明るい地域づくりのための団体を設立しよう」。同保存会は、菅田地区自治連合会主催のソフトボール大会に集まった父親ら約50人が立ち上げたもの。菅田東町自治会の友好を深めようと「東友神輿保存会」と命名し、1986年の発足に向けて練習を開始した。

寄贈受け本格化

 当初は、年に1度の晴れ舞台となる菅田神明社大祭にも、浅草から借りた神輿を担いでいた。これを見かねた同保存会の世話人だった故・松下慶作さんが、93年に神輿を寄贈し一気に活動が本格化。会員らが中心となって寄付金を募り、高さ2m、重さ200kg超の神輿を飾り付けた。「わっしょい、わっしょい」と毎年9月末に菅田地域を巡る神輿には、こうした地域の思いが込められている。

他地域と交流

 同神輿保存会の課題は世代交代だ。高齢化は進み、会員数も約30人にとどまる。そこで、2003年に3代目会長となった原田さんは、それまで閉鎖的だった活動を広域に展開。防災訓練や盆おどり大会などに参加し、若者と関わる機会を増やしている。菅田神明社の奉賛会長・河原史郎さんは「いまや地域の頼りになる存在となっている」と目を細める。

 さらに、同保存会では年間10カ所ほどの祭りに参加し、市内の他団体との交流を深めている。応援に出向くことで、少ない人数をカバーし合うのだという。

 原田会長は「神輿を担ぐ我々に手を合わせる高齢者の方もいる。少しでも地域に貢献するため、これからも活動を続けていきたい」と抱負を語った。
 

200kg超の神輿
200kg超の神輿

特撰手織絨毯展 10月30日~

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など300点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

事業者の提案内容公表

IR

事業者の提案内容公表 社会

経済効果試算「年9700億円」

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

「交流拠点」 空き家に活路

「交流拠点」 空き家に活路 社会

子安台で有志ら活動

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

迅速対応で不審火消す

迅速対応で不審火消す 社会

菅田町の企業に消防表彰

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク