神奈川区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する 菊田 敬祐さん 六角橋在住 40歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

心の豊かさを体現

 ○…ドイツ発祥といわれる「ビールヨガ」を日本でも普及させようと県内各地でイベントを開いている。サッカーJ1・湘南ベルマーレや県内の地ビール会社とコラボして盛り上げてきた。今では、複数のメディアに取り上げられ、ファンを増やしている。テーマは「大人の無駄時間」。「本来ヨガは心を鎮めるもの。大好きなビール片手にヨガをする楽しさを心で感じてほしい」と笑顔で話す。

 〇…大分県に生まれ、転勤が多い父の影響で、子どもの頃は大阪と東京で過ごした。しかし、宗教家の両親とそりが合わず17歳で家を出た。ホストを中心に水商売をしながら「その日暮らし」の生活に。その後、友人の紹介もありロボット開発を手掛けるエンジニアとして横浜に身を置いた。7回の転職を経て、大企業に就職。定年退職までのレールを頭の中に描いていた。「先進的なロボットを開発することで世界に貢献したい」との思いが仕事を続けるモチベーションとなった。

 〇…アジアへの海外出張で出会った子どもたちの笑顔をみたとき、価値観が変わる。「技術革新で本当に人を豊かにできるのか」と疑問を抱くようになった。日々コンピューターと向き合う開発現場は、社員同士のコミュニケーションが欠如し、ストレスが渦巻いていたと振り返る。37歳のときに都内のスタジオで出会ったヨガが全てを変えた。様々な姿勢を取りながら精神を集中させるヨガは自身を見つめる時間となった。「この時間こそが自身を大切にできる心の豊かさだ」

 〇…本格的に始めてから3年足らずで上級のヨガインストラクターの資格を取得。現在は、白楽のスタジオを拠点に幅広い世代に向けて教えている。ギターも得意でジャズやボサノバなどでライブを行うギタリスト。「ビールヨガがきっかけでこの世界に入ってきてくれた人がいる。もっと自由で気軽に楽しめるヨガを創作していきたい」と前を見据えた。

神奈川区版の人物風土記最新6

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

市内在勤 51歳

11月26日号

桜井 大地さん

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する

桜井 大地さん

六角橋在住 21歳

11月19日号

島崎 和久さん

羽沢小学校PTA会長で、50周年実行委員長を務める

島崎 和久さん

羽沢町在住 49歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

白石 洋子さん

記念事業実行委員長として、西寺尾小学校の創立70周年記念式典の企画運営を務める

白石 洋子さん

神之木台在住 50歳

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク