神奈川区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する 出井 敏博さん 六角橋在住 22歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

 ○…「指名を受けるなんて思わなかったからビックリした」。生誕地で高校時代を過ごした場所でもある埼玉を本拠地とする球団からドラフト育成1位に指名された瞬間、思いがけないめぐり合わせに胸を熱くした。発表を聞いた家族も驚きながら栃木県から駆けつけ、幼い頃にキャッチボールをした弟たちからは「尊敬する」と言われ「すごく嬉しかった」と顔を綻ばせる。目標の選手は育成から這い上がり活躍する千賀滉大投手。「この1年はプロで戦える体づくりに励みたい」と意気込む。

 ○…父の勧めで小学3年生の時に野球を始め、瞬く間に才気を発揮しエース投手として躍進。高校はスポーツの強豪校・埼玉栄に進学し、1年生ながら第一線での試合出場を果たしてきた。「小さい頃は野球選手は夢ではなく、なれるものと思っていました。3振を取って結果を出せた時が最高に気持ちいい」と魅力を語る。得意なボールはフォーク。186cmの長身から繰り出される、角度のついたキレのあるボールで相手選手を翻弄する。

 ○…神大の野球部に入部すると、レベルの高い選手たちに圧倒された。結果を残せない時期もあり、初めて挫折を経験し「辞めようと思ったことも1度ではなかった」と振り返る。それでも続けられたのは、応援してくれる両親や指導陣、仲間がいたから。その支えを胸に「このままでいいのか、俺ならできる」と自身を鼓舞した。

 ○…意外にもインドア派で、休日はアクション洋画や野球の動画を見て過ごす。好きな言葉は「乾坤一擲」。天命に任せてイチかバチかの大勝負をするという意味だ。「育成選手になるのもある意味博打。入れてくれたからにはフル回転で活躍する選手になりたい」
 

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

神奈川区版の人物風土記最新6

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク