神奈川区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

肉質追求「横濱ビーフ」 平本畜産 丹精込め黒毛飼育

社会

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
黒毛和牛を飼育する平本政和さん(右)と息子の洋右さん
黒毛和牛を飼育する平本政和さん(右)と息子の洋右さん

 松阪牛や米沢牛など、全国に名をはせる銘柄がしのぎを削る肉用牛の世界。横浜の地でも、生産農家が厳格な条件の下で飼育する黒毛和牛「横濱ビーフ」が市場に流通している。区内唯一の生産者・平本畜産=羽沢町=を訪ねた。

 平本畜産の牛舎は、広大な農地が広がる菅田・羽沢農業専用地域周辺の丘陵地にある。生産者の平本政和さん(67)によると、飼育数は常時100頭前後。安定供給に向け、毎月のように子牛の買い付けを行っているという。

 横濱ビーフは、横浜を中心とした10軒ほどの農家有志でつくる「横濱ビーフ推進協議会」が定める統一の配合飼料を与え、霜降りの度合いや肉の色味、きめなどの格付け基準で最上級となる5等級と4等級を得た牛のみに与えられるブランドだ。息子の洋右さん(43)は「うちで飼っている牛は確実に横濱ビーフを名乗れる肉質」と胸を張る。

 平本畜産では生後3〜4カ月の子牛を仕入れ、配合飼料に県内のビール工場で排出されるビールかすやおからなどのエコフィードを混ぜ合わせた餌を与えている。稲わらは県内一の米どころとして知られる平塚市、伊勢原市から取り寄せるなど、「地産地消の飼育」がこだわりだ。

 飼育期間は他の生産者と比べると短く、生後26〜27カ月で厚木市の食肉センターや東京食肉市場に出荷。県内の食品スーパーに並ぶほか、箱根町の旅館などでも使用されている。

 牛舎では、体の引き締まった牛の群れが餌を食べたり寝そべったり。ストレスを与えずのびのびと育てることで、程よい脂の乗った良質な肉質に仕上がるという。「それでも牛には性格があるので、集団の中で力関係が生まれる。強い牛は大きく育つが、弱い牛は餌を食べず小さいまま」(洋右さん)と、1頭1頭の成育を見守るために連日牛舎に通い詰める。

「松坂牛にも負けない肉を」

 政和さんの父が養豚業としてスタートした平本畜産は、父の代で肉用牛に転業。政和さんが継いでからは、東京食肉市場の品評会で最優秀賞を受賞するなど、高い飼育管理技術で横濱ビーフの名前に恥じない良質な牛肉の生産を続けている。

 病気にかからないかと気をもむことも多いが、「1年を通して8割の牛がA5(等級)を達成できたときはうれしい」と政和さん。「愛情を込めて育てれば、牛も応えてくれるんです」と目を細める。

 旨味のある柔らかな肉質と、口の中でとろけるような脂身のバランスが横濱ビーフの醍醐味だ。政和さんと洋右さんは「どの農家も自分の牛が一番という誇りを持って育てている。うちだって、おいしさでは松坂牛にも負けません」と口を揃える。

 幸い、コロナ禍の影響は軽微で済んだという。外食控えで家庭での食事が増える中、「おいしいお肉を食べて元気になってもらわないと」。横浜育ちのご当地牛で、食卓に笑顔を届けたいと願っている。

牛舎では70頭ほどが飼育される
牛舎では70頭ほどが飼育される

神奈川区版のトップニュース最新6

未利用魚活用事業に栄誉

魚食普及推進協

未利用魚活用事業に栄誉 社会

魚の国のしあわせ大賞

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

黒岩知事

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

思いやりの心 苦しい時期こそ

思いやりの心 苦しい時期こそ 政治

高田区長インタビュー

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

肉質追求「横濱ビーフ」

肉質追求「横濱ビーフ」 社会

平本畜産 丹精込め黒毛飼育

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク