神奈川区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

おとなりタウンニュース ツシマヤマネコ 人工繁殖 ズーラシアで成功、国内初

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
ツシマヤマネコの赤ちゃん(ズーラシア提供)
ツシマヤマネコの赤ちゃん(ズーラシア提供)

 よこはま動物園ズーラシアが、絶滅危惧種に指定される「ツシマヤマネコ」の人工繁殖に成功した。人工授精による繁殖は国内初となる。

 ツシマヤマネコは、長崎県対馬にのみ100匹ほど生息する固有種。飼い猫と同じほどの大きさで、耳の後ろの白い斑紋と太く長い尻尾が特徴。生息環境の悪化などで数が減り、1971年に国の天然記念物、94年には国内希少野生動植物種に指定されている。

 ズーラシアでは、環境省のツシマヤマネコ保護増殖事業に基づき2006年から飼育を開始。19年度からは、国内では同園のみが有する人工授精技術を用いて繁殖に取り組み、今年3月上旬に5歳のメス「マミ」の妊娠を確認。18日に赤ちゃんが誕生した。

 生後1日までは母親が面倒を見ていたが、母乳の出が悪かったため人工哺育に切り替えて成育。公開や愛称の募集は未定という。

 ネコ科動物は動物園で飼育される動物の中でも生理学・解剖学的に人工繁殖が難しいとされ、園の職員は「絶滅危惧種であるツシマヤマネコの保全に、当園の技術で貢献できたことがとてもうれしい。国内にツシマヤマネコという絶滅危惧種がいることを知ってもらい、動物園が行っている『種の保存』の役割や取り組みを知ってもらう機会になれば」と話している。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

児童に学びの場提供

ふれあいっこ三ツ沢

児童に学びの場提供 教育

子ども食堂休止で代替活動

5月13日号

神奈川から学生の頂点へ

ベストオブミス

神奈川から学生の頂点へ 社会

区内の保川さん、県代表に

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter