神奈川区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

菅田地区 クリアファイルで地域愛育む 社協とケアプラ協力し作成

社会

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
スローガンと地図が載ったクリアファイルの表面
スローガンと地図が載ったクリアファイルの表面

 菅田地区の子どもたちに地域への関心を持ってもらおうと、同地区の社会福祉協議会と地域ケアプラザがクリアファイルを作成した。助け合いや交流を目指すスローガンと共に、イラスト地図やクイズなどをプリントして遊び心にこだわった力作。同協議会副会長の倉石芳枝さんは「子どもたちがまちのことを考えるきっかけになれば」と期待を込める。

 同協議会では、子どもの居場所づくりとして「ComeComeひろば」と題したケアプラザの一部開放を行うほか、約20年にわたって開催している「輝け菅田の子フェスティバル」といったイベントなどを行っていたが、コロナ禍で軒並み中止に。行事を楽しみにしていた子どもたちに「何か楽しみを与えられるようなことを」と考え、形に残るクリアファイル作りを企画した。

 菅田らしさを感じられるオリジナルのクリアファイルを目指したといい、自分たちの地域をより深く知ってもらえるよう片面いっぱいに菅田地区の地図を掲載。イラストは主任児童委員の野中由美さんが担当し、修正を重ねながら約3カ月かけて完成させた。

地図に隠れたキーワード

 地図の上には菅田地区の第3・4期地域福祉保健計画のスローガン「助け合えるまち 交流のあるまち 菅田」というフレーズを掲げ、外国籍の住民も多いことから英語と中国語でも表記。親しみを感じる柔らかなタッチの地図中には、同計画のキーワードとなる「みまもり」の文字も隠されている。裏面はトレジャーマップと題して4つのクイズを載せ、これらを紐解くとスローガンが浮かび上がる仕掛けを取り入れた。

 倉石さんは「菅田の子どもたちの思い出を少しでも私たち大人が作っていって、地域愛をより醸成していきたい。今回の取り組みもその一つになれば」と話す。クリアファイルは1千枚を製作し、池上と菅田小学校の統合で今年4月に誕生した菅田の丘小学校の全児童555人に配られ、イベントの景品として使用することなども検討しているという。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む 社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

ホップ栽培でビール醸造

神奈川大学

ホップ栽培でビール醸造 教育

キャンパス緑化にも一役

5月27日号

商店街「熱唱」でPR

反町駅前通り

商店街「熱唱」でPR 社会

オリジナルソング考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アロマワックス講座

アロマワックス講座

沢渡三ツ沢地域ケアプラで

6月14日~6月14日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter