神奈川区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

横浜市景況調査 4月以降は上昇傾向か 飲食・宿泊業は厳しさ続く

経済

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
自社業況BSI(全産業)の推移
自社業況BSI(全産業)の推移

 市内企業の景気は4月から上昇して回復傾向が続くという見通しが、横浜市経済局の景況経営動向調査で明らかになった。ただ、飲食・宿泊業などは依然としてコロナ禍の影響が続くことが懸念されるなど、業種による明暗が分かれる結果となった。

 調査は市内企業1000社を対象に昨年11月2日から12月1日まで行われ、679社から回答があった。

 自社の景況を判断する指標「自社業況BSI」(※)は、10-12月期は全産業でマイナス26・0となったが、前期(7-9月)からは2・4ポイント上昇した。コロナの影響後で最も低いマイナス64・0だった2020年4-6月期からは上昇しているものの、依然として厳しい状況が続いている。

 神奈川を中心とした地域経済の現状や予測に関する調査などを行う浜銀総合研究所は、「全体では回復傾向が見られるものの、製造業では前期から数値が下落した。新型コロナに伴う世界的な半導体不足が影響したと見られる」とし、「非製造業では、前期は緊急事態宣言など新型コロナの影響が大きかった時期。そこが少し和らいだ影響では」と分析する。

製造業でも改善の兆し

 1-3月期については全産業でマイナス26・8とほぼ横ばいで推移しそうだが、4-6月期はマイナス22・4と改善し、市経済局は回復傾向が続くと予測する。同研究所は「製造業の半導体不足も徐々に解消し、供給が追いついて増産の動きが出るなど、1月以降は景気の回復傾向がもう少し強くなってくるのでは」との見通しを示した。

 ただ、飲食や宿泊業などは新型コロナの流行再拡大による影響を強く受けることが懸念され、「飲み薬の登場などで新型コロナの影響が収まれば、4-6月期以降の回復が期待できるのでは」とみている。

※自社業況BSI…自社業況が「良い」と回答した割合から「悪い」と回答した割合を減じた値。

神奈川区版のトップニュース最新6

耕作放棄地を農園に再生

かなっぱ畑の会

耕作放棄地を農園に再生 文化

松見町4丁目の高台で

5月19日号

「しぇあひるず」が5周年

高島台

「しぇあひるず」が5周年 社会

コロナ禍でも密避け活動

5月19日号

学生日本一を目指す

区内在住小清水さん

学生日本一を目指す 社会

ミス・ユニバーシティへ

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

文科大臣表彰を受賞

神奈川図書館

文科大臣表彰を受賞 社会

子どもの読書活動の推進で

5月5日号

園児向けの防災教材制作

神奈川区

園児向けの防災教材制作 教育

横市大との連携事業で

5月5日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook