神奈川区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

高島台 「しぇあひるず」が5周年 コロナ禍でも密避け活動

社会

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena
「しぇあひるずヨコハマ」を管理・運営を行う荒井代表
「しぇあひるずヨコハマ」を管理・運営を行う荒井代表

 高島台にある住宅型複合施設「しぇあひるずヨコハマ」がこのほど、開業して5周年を迎えた。同施設はオープンダイニングや畑などを設け、入居者や地域住民が交流できる場としてスタートしコロナ禍に入っても密を避けながら活動を継続。5月4日には、入居者が集まり5周年を祝った。

 「しぇあひるずヨコハマ」は、(株)ここくらすの荒井聖輝代表が管理・運営を行う住宅複合施設。かつて神奈川宿が栄えた場所に位置し「21世紀の長屋・旅籠」をコンセプトに、入居者の住まいのほか、オープンダイニングや展望台、畑などを入居者や地域住民などに開放し、シェアできる場所として2017年4月29日に開業した。

 同施設は、荒井代表の曽祖父が建てた築50年以上経つ2棟のアパートを改築したことで誕生。改築前は、建物が老朽化し、建築基準法の改正で売却もできない物件となり空き家問題に直面していた。解体も考えたが荒井代表の「人と人とがつながり、豊かな暮らしを共創していきたい」との思いから約8千万円かけて改築に踏み切った。

多世代のにぎわい創出

 開業後は、荒井代表自ら、まちづくりや子育て、趣味などをテーマにオープンダイニングを活用してイベントを主催するなど、その時々で多世代が集いにぎわいを生み出す地域の拠点へと変化していった。また、敷地内にある畑は、周辺住民などと共有し、栽培・収穫を行ってきた。

 2年前から新型コロナウイルス感染拡大の影響で状況が一変。イベントなどは、ウェブ会議に切り替え、入居者や周辺住民などの交流機会は減った。それでも密を避けながら入居者同士の助け合いが生まれたり、接触機会の少ない畑の作業は継続されるなど、人とのつながりは途絶えなかったという。

 まん延防止措置が今年3月22日に解除された後は、少人数でイベントを実施するなど少しずつコロナ禍前の状況に戻ってきた。荒井代表は「社会状況の変化に左右される5年間だったが、開業時に思い描いた地域の拠点としての運営ができている」と振り返り「今後は地域のことを思う多様な主体に活用いただけるような施設運営を目指し、多世代が集う地域の交流拠点に戻していきたい」と意気込みを話した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

体験通じ、障がい理解

体験通じ、障がい理解 社会

有志団体が福祉職員らに

6月23日号

ヤミ市場 3年ぶりに

六角橋商店街

ヤミ市場 3年ぶりに 社会

規模縮小し、再開

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

アートでSDGsを表現

青木小6年生

アートでSDGsを表現 教育

学びを作品に昇華

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook