神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

市政報告 都合のいいデータ市政を検証 自民党横浜市会議員団 小松のりあき

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
都合のいいデータ市政を検証

 横浜市による敬老パス事業について、ICカード化した令和4年10月以降の利用実績がこのほど公表されました。

 敬老パスは70歳以上の市民を対象に、市営地下鉄や市営バス、民営バスなどが乗り降り自由となるもので、現在は所得等に応じて0円〜最大2万500円が年間負担額となっています。

 公表された分析結果によると、年齢別の月平均利用回数では75歳(22・4回)をピークに年齢が高くなるほど利用回数が減少していることや、今後利用回数の多い70〜84歳の人口が減少することで年間の利用回数は減少または同程度で推移する見込みであること、敬老パス保有者は持っていない人に比べて外出頻度が高く、要介護認定を受けることが少ない傾向がみられることなどが示されています。

公約ありきの資料?

 敬老パス事業の市税負担分は近年、100億円前後を推移しています。市長は当選時「敬老パス自己負担ゼロ」を公約に掲げましたが、市会では過去10年以上に渡り、敬老パスの持続可能性について議論を深めてきました。今回公表されたデータでは、まるで人口減に伴い利用回数が減っていくかのような書き方がされていますが、少子高齢化が進む中で納税者と受益者の割合から見た場合、納税者の負担が高まることも考えられます。市長の公約に合わせるために作られた、恣意的な資料とみられる一面があります。

 「数字は噓をつかない」という言葉がありますが、都合の良いデータで政策を操るようなことはあってはなりません。

 将来世代に負担を押し付けないまっとうな政策を、引き続き訴えてまいります。

都合のいいデータ市政を検証-画像2

横浜市会議員 小松範昭

横浜市神奈川区六角橋2-5-24

TEL:045-491-7515

http://komatsu-noriaki.net/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

公費助成の定期接種化へ

帯状疱疹ワクチン 市政報告

公費助成の定期接種化へ

横浜市会議員 竹内 やすひろ

7月11日

都合のいいデータ市政を検証

市政報告

都合のいいデータ市政を検証

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

7月4日

帯状疱疹のワクチン助成を

市政報告

帯状疱疹のワクチン助成を

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

5月23日

住民の声を県政に届ける

県政2年目へ

住民の声を県政に届ける

県議会議員 片桐のり子

5月23日

本市を変える三本柱を提言

横浜の持続可能な発展へ 市政報告

本市を変える三本柱を提言

横浜市会議員 田中紳一

5月9日

自転車ヘルメットの着用促進

市政報告

自転車ヘルメットの着用促進

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

4月25日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook