宮前区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

リオ五輪水球日本代表・荒井 陸 選手インタビュー “世界一小さな巨人”が世界に挑む 「いろいろなものを背負って勝ちに行きたい」

スポーツ

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 高津区出身で宮前区の(株)プラザハウスに所属する水球男子日本代表メンバーの荒井陸(あつし)選手が、いよいよ日本時間8月6日(土)から始まるリオ五輪で世界に挑む。リオに向かう海外合宿に出発の直前、大舞台を前にした心境などを聞いた。

―現在(6月末時点)のコンディションは。

荒井・今は調整的に一番肉体を疲れさせている状態なので、コンディションとしてはこれから本番に向けて徐々に上げていきます。ただチーム自体は、6月下旬に中国で行われたリオ五輪前哨戦となる『ワールドリーグスーパーファイナル』で、過去最高位の6位になり、さらにそこでブラジルにも勝利したので、気持ちの方はグッと盛り上がってきている状態です。

―水球男子日本代表は、実に32年ぶりのオリンピック出場ということですが、これまでを振り返って。

荒井・予選の前は200日に及ぶ合宿を行い、とにかく拘束時間が長く、泳ぎばかりさせられて本当につらかったです。ですが、それをチームで乗り越えた結果、夢にまでみたオリンピック出場を現実のものにすることができました。

―五輪の予選リーグでは、世界ランキング1位・2位のハンガリー・セルビアほか強豪国との対戦が。

荒井・水球が国技のハンガリーや、セルビアは正直厳しいかもしれませんが、どこまでやれるか楽しみです。初戦の対ギリシャ戦(日本時間6日夜)に勝って波に乗りたいと思います。

―選手村でのリラックス法などは。

荒井・選手村には何でもあると聞いているので、自然に何か見つかるかと思います。ビデオで対戦チームを研究するのも慣れているので逆に落ち着くと思います。

―最後に決意表明と読者へのメッセージを。

荒井・リオでは強豪国との対戦ばかりですが、ぜひとも”番狂わせ”を起こしてラグビーのように、日本の皆さんの注目を集めたいと思います。また、自分たちは「日本水球を発展させる」という使命も担っていると思うので、子どもたちに「やってみたい」と思わせるような世界に通じるプレーを見せたいと思います。お世話になった方々の想いも背負い、全力で戦ってきます。

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook