宮前区版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

川崎北高ダンス部 春の全国大会連覇狙う 21日に日本工学院で

文化

出場するD.D.Dのメンバー
出場するD.D.Dのメンバー
 県立川崎北高校(勝股正校長)のダンス部「D.D.D(ダーディードゥー)」が、3月21日に都内で開催される全国高校生No.1を決める大会に出場する。”キレとシンクロ”に磨きをかけたダンスで同大会連覇を目指す。

 川崎北高ダンス部が出場する『日本工学院第21回高校生ダンスコンテスト・春』は、1月に96校による予選を開催。同校は見事突破し、21日の35校による本選で、同大会連覇を目指す。

 同部は、2012年に同好会から部に昇格。創部3年目には全国大会に初出場を果たし、以来数々の大会で好成績を収めている。同大会も昨年優勝している。現在は、県内でもダンスの強豪校として名が知れ、「ダンス部に入りたい」と入学してくる生徒も。部員数は常に60人以上を数えるという。

 しかし練習環境は恵まれているわけではない。校内では他の部活動との兼ね合いで空室を活用。大会前など練習量が欲しいときは校外に場所を求め練習に励む。顧問の原田苑佳教諭は「練習は生徒たちに任せている」と自主性に太鼓判。部長の津田優希さん(2年)は「皆ダンスが好きだから、同じ目的に向かっている」と笑顔だ。

 21日の大会ではスモールクラス(12人以内)にエントリー。部内から選抜された7人で、同校伝統のヒップホップで臨む。曲を自分たちで選び、メンバー各人が1パートずつ振付を考え、それを組み合わせて構成した作品。北高のダンスの強みは「動きのキレとメリハリ、そしてシンクロ性」と自信をのぞかせる。

 津田さんは「本選にはさらに本気で挑めるように団結して最高の状態で臨めるようにしたい」と話し、チームリーダーの小林菜緒さん(2年)も「北高ダンス部の代表として、先輩に続き優勝に向けて努力したい」と決意を語った。

 コンテストは、3月21日の午後1時半から、大田区西蒲田の日本工学院専門学校・片柳アリーナで開催される。

宮前区版のトップニュース最新6件

住民自治推進へ新施策

「区民の声」聴く、託す

鷺沼駅前再開発

「区民の声」聴く、託す

12月7日号

最重要に鷺沼駅前再整備

区議員団予算要望

最重要に鷺沼駅前再整備

12月7日号

運用43カ所 想定の半数

川崎市寺子屋事業

運用43カ所 想定の半数

11月30日号

患者に勇気  「ミカ」引退

聖マリ医大病院

患者に勇気 「ミカ」引退

11月30日号

IR誘致 情報確保へ

川崎市

IR誘致 情報確保へ

11月23日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

教会で癒しのひと時を

教会で癒しのひと時を

23日、クリスマスコンサート

12月23日~12月23日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク