宮前区版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • hatena

川崎北高 知的障害者と共に学ぶ 2020年度から予定

教育

川崎北高校
川崎北高校

 神奈川県教育委員会は今月1日、知的障害のある生徒が通常学級で学ぶ「インクルーシブ教育」の新たな実践推進校に、県立川崎北高校(勝股正校長)ほか11校を指定する方針を示した。川崎市内では北高のみ。

 「インクルーシブ教育」は、知的障害の生徒と健常な生徒が同じ教室で学び、部活動などを含め一緒の学校生活を送るもの。個の違いを理解し関わることで、互いに情緒や社会性を養い、進路の選択肢の拡大等にも期待する。

 高校での導入は全国でも前例が少ない。神奈川県では実践推進校(パイロット校)3校を指定し、2017年度からスタートした。

 計画案では新たに11校を増やす。来年4月に指定を行った後、1年間の準備期間を経て20年度から合格した知的障害者が入学できる予定だ。県教育委は新推進校について、「県内全域の希望する人が通うことができる範囲を考慮して選定した」とし、市内では川崎北高校のみが選ばれた。

 川崎北高校では、すでに在校生徒らへの説明を終え、体制整備に向けて準備を進めている。現在パイロット校の情報をもとに、教職員が勉強・研究を進めているほか、実際にパイロット校を訪れ、視察等も行う。

 また設備面では、選択科目や少人数授業などで活用する「リソースルーム」の新設などにも着手している。勝股校長は「インクルーシブ教育は知的障害のある生徒もない生徒も得られるものが多い。知的障害がある生徒でも『そこで学びたい』という意志のある生徒が入学してくるので期待しています」と話す。

全生徒が理解度アップ

 同教育実践推進校における各校の知的障害者の定員は1学年21人。パイロット校の茅ケ崎・厚木西・足柄高校の3校の入学者は、3校合計で17年度が31人、今年度は41人となっている。

 当初は健常者の親から「これまで通りの授業ができるのか」といった不安が寄せられていたというが、映像を使うなどわかりやすく授業を工夫。生徒全員の理解力アップにつながっているという。

宮前区版のトップニュース最新6件

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月22日号

「市民100人」の本紹介

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月15日号

区役所に宅配ボックス

区役所跡地と並行で検討

向丘出張所機能

区役所跡地と並行で検討

3月8日号

過去最多タイ14人出馬か

次期市議選

過去最多タイ14人出馬か

3月8日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク