宮前区版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

長沢自治会長齋藤英男さん 毎日見守り、2年半 菅生小児童から感謝状

社会

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
児童からの感謝状を手にする齋藤会長
児童からの感謝状を手にする齋藤会長

 長沢自治会の齋藤英男会長(69)が、登戸殺傷事件のあった2019年5月28日から毎日、登下校する児童の見守り活動を続けている。これに対し菅生小学校の児童から感謝状が贈られたほか、県と市の防犯協会と県警からも表彰された。

 「おはよう、いってらっしゃい」「気を付けて帰るんだよ」-。子どもたちに声をかける齋藤会長。登校時間は長沢自治会館前の交差点で、児童らがはしゃいで帰ることが多い下校時には、車が通ると接触の恐れがあり危険だという白幡橋に立つ。

 きっかけとなったのは、19年5月に発生した、通学途中の小学生らが被害に遭った登戸殺傷事件。テレビでニュースを見て、県警OBでもある齋藤会長は「地域の子どもたちに何かあってはいけない」と正義感から、その日の午後に自治会館前に立った。以来、雨の日も風の日も、学校が休みでない限り続け、2年半が経った。同町会役員らは「毎日毎日、とてもじゃないが続けられない」と称えるが、齋藤会長は「子どもは地域の宝だから」と話した。

 同自治会館には「まもってくれてありがとう」などと、ほぼひらがなで書かれた感謝状が2枚掲示されている。齋藤会長が見守り活動を続ける菅生小学校の1年生が国語の「感謝の手紙を書く」授業で書いた手紙だ。PTAを通して届けられた。齋藤会長は「何よりうれしい」と目尻を下げる。

県表彰も

 地域の安全・防犯活動に尽力し安心のまちづくりに貢献した防犯功労者として、県警と県防犯協会連合会からも表彰された。表彰式は例年、安全・安心まちづくり旬間(10月11日〜20日)に合わせた地域安全県民の集いで行われていたが今年は開催されず、このほど区防犯協会を通して賞状が届けられた。川崎市防犯協会連合会の会長賞も合わせて受賞。齋藤会長は「活動はまだまだ日が浅いが、これを機により一層地域の目で子どもを守っていけたら。体の持つ限り続けていきたい」と語った。

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook