神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2021年10月29日 エリアトップへ

長沢自治会長齋藤英男さん 毎日見守り、2年半 菅生小児童から感謝状

社会

公開:2021年10月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
児童からの感謝状を手にする齋藤会長
児童からの感謝状を手にする齋藤会長

 長沢自治会の齋藤英男会長(69)が、登戸殺傷事件のあった2019年5月28日から毎日、登下校する児童の見守り活動を続けている。これに対し菅生小学校の児童から感謝状が贈られたほか、県と市の防犯協会と県警からも表彰された。

 「おはよう、いってらっしゃい」「気を付けて帰るんだよ」-。子どもたちに声をかける齋藤会長。登校時間は長沢自治会館前の交差点で、児童らがはしゃいで帰ることが多い下校時には、車が通ると接触の恐れがあり危険だという白幡橋に立つ。

 きっかけとなったのは、19年5月に発生した、通学途中の小学生らが被害に遭った登戸殺傷事件。テレビでニュースを見て、県警OBでもある齋藤会長は「地域の子どもたちに何かあってはいけない」と正義感から、その日の午後に自治会館前に立った。以来、雨の日も風の日も、学校が休みでない限り続け、2年半が経った。同町会役員らは「毎日毎日、とてもじゃないが続けられない」と称えるが、齋藤会長は「子どもは地域の宝だから」と話した。

 同自治会館には「まもってくれてありがとう」などと、ほぼひらがなで書かれた感謝状が2枚掲示されている。齋藤会長が見守り活動を続ける菅生小学校の1年生が国語の「感謝の手紙を書く」授業で書いた手紙だ。PTAを通して届けられた。齋藤会長は「何よりうれしい」と目尻を下げる。

県表彰も

 地域の安全・防犯活動に尽力し安心のまちづくりに貢献した防犯功労者として、県警と県防犯協会連合会からも表彰された。表彰式は例年、安全・安心まちづくり旬間(10月11日〜20日)に合わせた地域安全県民の集いで行われていたが今年は開催されず、このほど区防犯協会を通して賞状が届けられた。川崎市防犯協会連合会の会長賞も合わせて受賞。齋藤会長は「活動はまだまだ日が浅いが、これを機により一層地域の目で子どもを守っていけたら。体の持つ限り続けていきたい」と語った。

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

区内2人が県代表に

女子学童野球

区内2人が県代表に

7月下旬に全国大会へ

7月12日

移設でさらに充実へ

市若者文化創造発信拠点

移設でさらに充実へ

DeNAが事業運営「可能性広げる」

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

飛躍祭 音、食、スポーツに沸く

7月5日

宮前の魅力語り合い

みやまえBASE

宮前の魅力語り合い

さぎ沼会議室で市民交流

7月5日

建替完了 きょうから運用

宮前消防署宮崎出張所

建替完了 きょうから運用

女性職員の当直想定

6月28日

「お魚を好きになって」

北部市場水産仲卸協同組合

「お魚を好きになって」

宮崎台幼稚園で食育授業

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook