宮前区版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した 吉田 明宏さん 高津区在勤 58歳

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

地域とともに「成長路線」

 ○…社長ポストの候補となり、クラブ経営やチームの課題など2週間かけて必死で学び、経営権を持つ富士通の役員の前でプレゼンに臨んだ。「試合は若い頃に少し観戦したことがあるくらい。意欲を買ってもらったのかも」。目指すは、クラブを地域のインフラ的存在に導くこと。「サッカーを通じて、健康、教育、防犯などあらゆる面で地域を支え、無くなったら市民の皆さんが困ってしまうほどに」

 ○…米国に駐在していた2001年9月11日、空港の搭乗口で緊急避難の一報。慌てた様子の妻からも電話が鳴った。世界貿易センター隣の富士通が入るビルに向かう直前だった。「多くの社員も被災し、まさに衝撃だった」。テロと戦う米社会の中で、自然と備わった危機管理意識。帰国後、会社からリスクマネジメントの責任者に任命。東日本大震災時には、福島県内のパソコン工場を島根県に移転する陣頭指揮を執った。「人命を最優先に、被害を最小限に抑え、ビジネスの継続も使命でした」

 ○…神戸大でアメフトに打ち込み、1988年に富士通へ入社。「選手仲間と、都会に行けるとワクワクしてたら意外に田舎でしたね」と当時を回想。今も運動や筋トレを欠かさず、「1カ月に10冊」という読書家の一面も。家族との時間も大切にし、「子ども目線で子育てしてきた」という娘とは、今ではビジネスを語り合える関係だ。

 ○…フロンターレをアジアにも浸透させることが目標の一つ。SDGsにも目を向け、地元企業との連携も視野に入れる。「川崎はモノづくりのまち。試合観戦される関係者の方も多い。ご支援いただく皆様をつなげ『フロンターレ経済圏』を作れたら」。ビッグクラブとなった今も、地域とともに成長を続ける。

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook