高津区版 掲載号:2014年7月4日号
  • googleplus
  • LINE

二子新地駅高架下 「アートと交流」の拠点開所 市民団体が管理運営

文化

管理運営を行うNPO法人DT08のメンバー
管理運営を行うNPO法人DT08のメンバー
 東急田園都市線「二子新地駅」高架下のスペースを利用したコミュニティ施設「にこぷら新地」が7月1日にプレオープンした。管理運営は地域住民を中心とするNPO法人DT08が行う。同施設は「アート×コミュニティ」をテーマに、貸しスペースやアート講座を企画し、新たな地域交流の場を目指す。

 二子新地駅は、東急電鉄の「田園都市線二子玉川〜溝の口間複々線化工事」事業により2線から4線に増設。同社は、駅を中心としたまちづくりの貢献の一環として、複々線化に伴う高架下の利用方法について、一般公募した地域住民と一緒に06年度から話し合いを進めていた。

 施設の運営を同社から受託するため、話し合いに参加したメンバーが中心となり昨年、NPO法人DT08(ディー・ティー・エイト)を設立。メンバーは11人、名前は東急田園都市線二子新地駅の駅番号が由来となる。

 岡本太郎や陶芸家・濱田庄司ら芸術家たちに縁のある地域の特徴と、同社がアートの取り組みに力を入れていることから、「アート」をテーマに地域と沿線をつなげていくという。

 同団体の川崎泰之理事長は「アートとは、自分を表現するということ。作品展や工作などで表現しながら、諏訪や二子の地域と東急沿線の人をつなげる場にしていきたい」と話す。

 施設は広さ52平方メートルの多目的ホール2部屋と47平方メートルの工作スペース、屋外空間がある。高津区民、東急沿線住民を対象に、作品展示やワークショップ、工作スペースとして有料で貸し出す。

 施設の一般利用料は3時間3千円。時間は午前9時半から午後0時半/午後1時半から4時半/午後5時半から8時半。問い合わせは同団体【メール】npodt08@gmail.com

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク