高津区版 掲載号:2014年7月4日号 エリアトップへ

二子新地駅高架下 「アートと交流」の拠点開所 市民団体が管理運営

文化

掲載号:2014年7月4日号

  • LINE
  • hatena
管理運営を行うNPO法人DT08のメンバー
管理運営を行うNPO法人DT08のメンバー

 東急田園都市線「二子新地駅」高架下のスペースを利用したコミュニティ施設「にこぷら新地」が7月1日にプレオープンした。管理運営は地域住民を中心とするNPO法人DT08が行う。同施設は「アート×コミュニティ」をテーマに、貸しスペースやアート講座を企画し、新たな地域交流の場を目指す。

 二子新地駅は、東急電鉄の「田園都市線二子玉川〜溝の口間複々線化工事」事業により2線から4線に増設。同社は、駅を中心としたまちづくりの貢献の一環として、複々線化に伴う高架下の利用方法について、一般公募した地域住民と一緒に06年度から話し合いを進めていた。

 施設の運営を同社から受託するため、話し合いに参加したメンバーが中心となり昨年、NPO法人DT08(ディー・ティー・エイト)を設立。メンバーは11人、名前は東急田園都市線二子新地駅の駅番号が由来となる。

 岡本太郎や陶芸家・濱田庄司ら芸術家たちに縁のある地域の特徴と、同社がアートの取り組みに力を入れていることから、「アート」をテーマに地域と沿線をつなげていくという。

 同団体の川崎泰之理事長は「アートとは、自分を表現するということ。作品展や工作などで表現しながら、諏訪や二子の地域と東急沿線の人をつなげる場にしていきたい」と話す。

 施設は広さ52平方メートルの多目的ホール2部屋と47平方メートルの工作スペース、屋外空間がある。高津区民、東急沿線住民を対象に、作品展示やワークショップ、工作スペースとして有料で貸し出す。

 施設の一般利用料は3時間3千円。時間は午前9時半から午後0時半/午後1時半から4時半/午後5時半から8時半。問い合わせは同団体【メール】npodt08@gmail.com

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク